獣医医療教育と研修制度

卒後研修教育

社会経済の発展にともなって社会の広範囲な分野から、獣医師に対して多面的で高度な学識と技術が要請されています。高度な獣医学教育を行って国際化を図るには、臨床・応用獣医学等の実習または演習に重点を置いた卒業後に実社会で直ちに役立つ専門教育を行うことが必要です。この背景を受けて、動物医療センターにおける実習において、学生は主治医によって飼い主の了解を得ることができた場合には、診療開始後の問診から診断を目的とした各種の検査、さらに治療を進める過程を理解できるよう説明を受けています。卒業後獣医師の資格を得た後には、研修獣医師として診療に直接関わりながら専門教育を受けています。また、診療経験の豊富な獣医師であっても、新しく開発された診断や治療の方法を習得なさるために、研究生として動物医療センターに受け入れています。

獣医師卒後臨床研修制度について

近年、獣医学並びに獣医療及びその関連分野の著しい進歩に伴い、獣医臨床教育においても専門診療への細分化が進められ、それに見合う教育体制並びに診療体制へと変遷する傾向が強い。しかし、大学教育における臨床教育は、教育資源の不足や法的制約により実践的診療技術の修得が十分に行われていない。そのような状況にもかかわらず、臨床獣医師に要求される知識・技能は、きわめて広範囲に及んでいる。
獣医師の卒後臨床研修は、獣医師法第16条の2に基づき「診療に従事しようとする獣医師が免許取得後に求められる研修」である。すなわち、臨床獣医師に対して社会が期待する動物医療を実践するために、大学教育で修得した知識や技術を、実際的臨床経験として体系的に修得するための研修である。

■日本獣医生命科学大学付属動物医療センター
  における臨床研修制度の現状と課題

卒後臨床研修の到達目標

前期卒後臨床研修の到達目標は、基本的にはインフォームド・コンセント、倫理などを含む「獣医療の社会的事項」ならびに診察法、検査法などを含む「獣医学の基本的臨床事項」を修得することにある。その内容については適宜見直し、時代に適応させていく。
後期卒後研修では、前期卒後研修で修得した知識、技能をもとに、より広範囲かつ専門的な知識、技能を修得し、前期研修獣医師の研修補助ができ、また研修終了後は直ちに臨床現場で診療できる能力を身につけることを目標にしている。

研修カリキュラム


前期プログラム 後期プログラム
研修の方式 基本的に内科および外科診療のローテーション方式で実際的臨床事項を研修する総合診療形式。 専門分野別に研修を行う形式。
研修カリキュラムの具体的事項
  • ①動物の取扱方
  • ②ご家族とのコミニケーション
  • ③すべての臨床獣医師に求められる共通的臨床能力
  • ④動物の状態を正しく把握し、生命維持に必要な的確な処置
  • ⑤診療に必要な情報収集、検査・診断計画、治療計画の作成ならびに実施
  • ⑥慢性疾患に対する医事管理上の要点の把握
  • ⑦すべての情報、診療内容を正しく記録する

詳細はこちらをクリック
一部、前期研修項目と重複する部分はあるが、基本的には各専門分野(循環器科、内分泌科、腎臓科、呼吸器科、神経科、眼科、産科・生殖器科、麻酔科、軟部外科、整形外科、脳神経外科、腫瘍科、放射線治療科、救急医療科、消化器科、行動治療科、皮膚科)ごとに、研修目標に到達できる期間を設定し、各専門分野の特色を活かした、より専門的なカリキュラムで実施する。

詳細はこちらをクリック

1年間のレクチャー予定

研修獣医師レクチャー予定表

2017年度予定表

久保助手による中心静脈カテーテル設置法の実技指導
(9/15)①

久保助手による中心静脈カテーテル設置法の実技指導
(9/15)②

久保助手による中心静脈カテーテル設置法の実技指導
(9/15)③

久保助手による中心静脈カテーテル設置法の実技指導
(9/15)④

竹村教授による心エコー講座&実践風景(9/8)①

竹村教授による心エコー講座&実践風景(9/8)②

竹村教授による心エコー講座&実践風景(9/8)③

小笠原聖悟先生による講演
「症例に対する臨床病理学的アプローチ」(9/1)風景①

小笠原聖悟先生(米国獣医病理学専門医)
による招聘講演風景(9/1)②

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)①

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)②

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)③

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)④

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)⑤

原教授による整形外科実技の実習風景(8/18)⑥

症例発表(8/4);intranasal epidermoid cysts in two dogs
(野口隼矢)

症例発表(8/4);出血傾向を示した軟部組織肉腫の1例
(原田倫子)

症例発表(7/27);発作性脳損傷を起こした猫の一例
(伊藤舞)

症例発表(7/27);低アルブミン血症ながら無症状で経過したたんぱく漏出性腸症の一例(増田尭之)

症例発表(7/27);DICについて(新名彩加)

症例発表(7/27);開口困難を示した三叉神経鞘腫の1例(鈴木紗弥佳)

血液抹消標本評価の実習風景(4/14)