動物科学科長からのメッセージ

前へ戻る

『人と社会のために必要な動物』
という視点から教育・研究を行います

動物科学科長
小澤 壯行

 本学の動物科学科は「動物好きな学生と動物好きな教員が、ともに動物について学ぶ場」です。最大の特徴はカバーする領域の広さです。1、2年次にはマクロからミクロまであらゆる領域を広く学び、3年次からは専門的な研究を深める……4年間の学びを通して「動物のエキスパート」になれるのです。
 本学科での学びは、3つの領域で構成されています。産業動物を中心に、おいしく安全な畜産物を生産するための科学を学ぶ「動物資源科学」、遺伝子や細胞の操作、実験動物の取り扱いなどを学ぶ「動物バイオ科学」、産業動物の飼養から流通・加工・販売・消費までの全プロセスを体系づけて学ぶ「動物社会科学」です。いずれの領域も「人と社会のために必要な動物」という視点から教育・研究を行っています。
 卒業生の進路は多彩です、牧場などの畜産業、飼料・食品メーカーでの営業・商品開発、卸・小売業など、さまざまな業種で活躍しています。動物科学のオーソリティを目指して大学院に進学する卒業生もいます。今後も、向学心や好奇心あふれる学生が、さらに広範な分野で躍動してくれることを願っています。