「生命・環境・食」がキーワード、生命科学の先端を担う大学です

「動物生産、バイオテクノロジー、経営・経済」の視点から、動物と人とのかかわりを学ぶ、それが「with Animals」の意味です。 動物と人とのかかわりを探求し、家畜人工授精師・飼料製造管理者・食品衛生監視員・食品衛生管理者・環境衛生監視員・食鳥処理衛生管理者・高等学校一種免許状(理科・農業)・中学校一種免許状(理科・農業)・学芸員等の資格によって食品業界・農業関連・教育・公務員・検査治験といった幅広い領域で活躍する人材を育成するのが動物科学科です。