システム経営学教室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

システム経営学教室とはどういった研究室なのでしょうか?どうして動物科学科に「経営学」の研究室があるのでしょうか?実は、当教室は本学科創立以来の歴史を有する研究室であり、日本の動物科学系大学では、極めて珍しい社会科学系の研究室なのです。

システム経営学教室では今までの「自然科学(=実験系)」、「社会科学(=経営経済系)」といった枠組みを取り払い、自然科学的手法(実験)と社会科学的手法(調査)を融合させた新しい手法で研究を遂行しています。

それら研究は、主として牛や豚、鶏などの産業動物分野とイヌやネコ等の伴侶動物分野およびヤギやアルパカ等の新家畜分野に分かれていて、各々の開発・発展・定着と市場展開方策のあり方について研究を行っています。

3年次の春に当教室に所属した学生は、4年生の卒業研究を手伝いながら、広く自らが興味ある動物分野について教員の指導の下に基礎的な研究を行うとともに、ゼミに参加して知識を伸ばしていきます。

4年生に進級すると、教員の直接的な指導の下で、卒業研究を実施し、グループ内で討論を行いながら、論文を執筆します。

これらの働きによって得られた卒業論文は学会等でも広く発表されるとともに、論文としても刊行され、関係業界から注目を集めています。さらに、本学海外提携校であるニュージーランド・マッセイ大学との連携を密にして、先進的な動物産業が展開しているニュージーランドの実態に触れる機会を提供しています。

あなたも動物科学を基礎とした新しい研究領域に、私たちと新たな一歩を踏み出してみませんか?  

教員紹介

小澤壯行
  • 氏 名:小澤 壯行 教授
  • 学 位:博士(農学)
  • 専門分野:畜産経営システム学
  • 担当科目:農業経営経済原論、農業史、農業政策論、国際畜産システム論、
  • 経営経済学ゼミナール、農村調査実習、専門英語コースⅠⅡ、卒業論文
長田雅宏
  • 氏 名:長田 雅宏 准教授
  • 学 位:博士(環境共生学)
  • 専門分野:畜産経営学
  • 担当科目:産業動物品種論、農業政策論、農業調査実習、
  • 農場実習、経営経済学ゼミナール

Close-Up「研究」

当教室では動物に関わるビジネスの「システムマネージメント (Systems Management)」の理念に則って、「生産から販売・消費過程までを一つのシステム」として考え、この新たなありかたを探求しています。
従来の畜産物生産・流通・消費に係る領域はもとより、環境と家畜生産問題、耕作放棄地・未利用地の畜産的土地利用の問題、「安全で安心できる」動物産品を提供する分野も含んでいます。
さらに今日的な研究課題としてペット関連業界を研究分析の対象としており、特にペット小売価格形成論理、ペット関連産業分析(ペット葬儀業、ペットファッション産業等)にも着手しています。また「新しい家畜」としての山羊やアルパカにも着目し、その産品の市場性確立やこれら動物を用いた地域振興の確立に関する研究を行っています。

近年の主な卒論研究テーマは次のとおりです。

  • ①ペット価格形成の論理およびペット関連市場の展開方向について
  • ②犬の繁殖業者における生体販売の現状と問題点
  • ③日本におけるアルパカ飼養とその実践について
  • ④空港から排出された「刈り草」の畜産的利用に関する研究
  • ⑤飼料米を給与された豚肉の消費者評価と銘柄豚購入との関連
  • ⑥就学前教育における動物飼育に関する意識
  • ⑦ふん尿処理と堆肥リサイクル
  • ⑧新たな山羊乳製品の市場参入の可能性-カヘタによる挑戦-
  • ⑨ヤギ産品の生産システム確立に関する研究
  • ⑩幼稚園・保育園飼育動物としてのヤギ -幼児教育にヤギは有効か?-
  • ⑪家畜生産病とは何か?-日本とニュージーランド間の生産システム差異の検証-
  • ⑫ニホンジカの有効利用に関する研究-東京都奥多摩町を事例にして-
  • ⑬酪農経営における性判別受精卵の受容性に関する研究
  • ⑭ペット共生型マンションの現状と課題
  • ⑮太陽光発電を酪農に導入する意義と課題

学生からの一言

北原 佳奈(動物科学科4年次)

私は食べ物に興味があり、特にアイスクリームが大好きです。卒業研究ではアイスのなかでも、ソフトクリームについて研究していく予定です。今後はソフトクリームを販売している牧場でのアンケート調査や聞き取り調査、学園祭来場者への聞き取り調査を行い、現状のソフトクリーム販売の問題点や改善の手法を模索していきたいと思っています。   

野島 日依(動物科学科4年次)

システム経営学教室は、自由で開放的な雰囲気が特徴です。普段の研究室は、先生方を交えて皆でお菓子を食べながらにぎやかに談笑をして過ごすくつろぎの場所ですが、同時に様々な資料、電子機器が完備された絶好の勉強場所でもあります。研究室で2年間どのように過ごすのかは、自主性に任せられるため、大いに学んで成長することができます。私自身、この環境を踏まえて有意義な学生生活を過ごしたいと思います。

中村 悟(動物科学科3年次)

当室は社会科学系の研究室で、動物に関する広い分野をカバーすることができます。ですから、自分が興味を持っている分野の勉強を思うままに行うことが可能です。様々な分野の学生の集まりなので、ゼミ等で広域に亘って知識を深めつつ、研究に厚みを持たせることができると思います。きっと充実した研究生活を送ることができることと思っています。