実験動物学教室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

本研究室は平成17年4月から動物科学科に新設されました。実験動物学とは「実験動物に関する総合科学」であり、動物実験の再現性を限りなく求める学問です。そのためには、動物自身の遺伝的および微生物的統御であったり、飼育環境統御であったりしますので、非常に幅広い知識が必要になってきます。授業では、実験動物学Ⅰ、Ⅱに加えて動物防疫学及び同実習等を担当しております。特に認定校の大学生であれば受験が可能となった実験動物一級技術者の資格取得を意識して授業を行っております。
研究としては無菌マウスや遺伝子改変マウスを使用した抗酸化酵素スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の研究や肥満モデルを含めた内分泌疾患モデル動物を用いた研究を行っています。さらに、珍獣チンチラ(ヤマアラシ亜目)を腸内細菌の研究のため、20匹程飼育しております。研究室の教育目標は微生物学や衛生学を含めた実験動物の飼育管理や実験手技を身に着けること、また研究目標は個性とインパクトのある研究です。  

教員紹介

天尾弘実
  • 氏 名:天尾 弘実 教授
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 専門分野:実験動物学
  • 担当科目:実験動物学ⅠおよびⅡ、動物防疫学、動物防疫学実習、基礎分析化学実習等
藤平 篤志 講師
  • 氏 名:藤平 篤志 准教授
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 専門分野:実験動物学、内分泌学、生理学
  • 担当科目:実験動物学Ⅰ、動物防疫学実習、基礎分析化学実習等

Close-Up「研究」

1.抗酸化酵素活性と腸内細菌の相互関係の解明:無菌環境で維持される腸内細菌を全く待たない無菌動物を使用して、腸内細菌と抗酸化酵素活性の相互作用の研究をしています。活性酸素を消去する役割をしている抗酸化酵素の活性を、腸内細菌を調節することで腸管内で統御できれば、活性酸素が原因となる腸疾患の新たな治療が開発されるかもしれません。今のところ、抗酸化酵素のうちSOD-1およびSOD-2の活性に腸内細菌が影響していることが徐々に分かってきました。SOD-1ではmRNAや蛋白発現でも同様な傾向を示しました。

2. 近年、疫学調査からも定着している腸内細菌叢の菌種の優劣によって肥満になりやすい体質か否かの予測が可能となりつつあります。本研究室では無菌動物を用いて腸内細菌の有無が消化管由来の摂食関連ホルモンの分泌にどのような影響を与えるかについて研究を行っております。また、無菌動物を用いた摂食関連ホルモンの研究だけではなく、肥満モデルを用いた内分泌疾患に関する研究および各種ストレスに対する下垂体ー副腎軸(ストレス関連ホルモン)の研究と内分泌に関わる事象について広く研究を行っております。

学生からの一言

土橋 悠(応用生命科学専攻博士後期課程3年次)

実験動物学は総合科学であり、動物を取り扱う技術は様々な分野において応用が可能です。また微生物学、生化学、分子生物学など異なる研究分野を繋ぎ、発展させる力もあります。私は学部3年生から当研究室に所属し、現在の博士後期課程に至るまで在籍しています。長く在籍している最大の理由は実験動物学のプロの下で無菌マウスを使った腸内細菌叢の研究が行えるからです。全国でも珍しい無菌マウスを取り扱いながら、実験動物学の知識と技術を磨き、実験動物一級技術者の資格を取得することが出来ました。また先生と学生の距離が近く気軽に実験指導が仰げる点や研究室のアットホームな雰囲気が良いという点も長く在籍した理由です。まあ、百聞は一見に如かず、ぜひ当研究室を見学に来て下さい。

望月 優(応用生命科学専攻博士前期課程1年次)

私たちは「動物取扱いのプロフェッショナル」になるべく、日々活動しています。
私は東京農業大学農学部畜産学科を卒業した後、博士課程前期として本学に入学し、実験動物学教室に入室しました。当研究室では実験動物として厳しい管理基準の下マウスを飼育していますが、それは単に動物の管理ができるようになるためだけではなく、より研究者としての質を高めるためでもあります。どんなに素晴らしい研究計画のもとで動物実験を行ったとしても、ずさんな管理をした動物からは正確なデータを得ることはできません。動物の飼育管理と研究内容は密接に係わっています。
動物の管理技術、知識、そして取扱いに対する真摯な心構え。それらを持ち合わせた「動物取扱いのプロフェッショナル」に興味のある方は、是非一度見学にいらっしゃってください。

山本 将寛(動物科学科4年次)

当研究室ではマウス・チンチラの飼育管理を行っており、実験で扱う動物たちなので責任感をしっかり持ち飼育を行っています。また、動物だけでなく微生物を扱っている研究室でもあり、微生物に関しても勉強しています。実験、飼育管理、微生物の扱い、その他の仕事など責任感を持ってやらなければいけない仕事が学部生のうちから多くあるため大変ではありますが、知識や技術を学ぶことができ、経験を積むことができる研究室であると思います。

学生