前へ戻る

■日本獣医生命科学大学 障害のある学生支援に関する基本方針

1.目的
 日本獣医生命科学大学(以下「本学」という)は、本学に在籍する学生が「違い」にかかわらず、平等に活動し、相互に人格と個性を尊重し合いながら共に学びあう大学として、障害のある学生支援を推進する。
2.支援方針
 本学は、障害のある学生及び障害のある入学志願者に対する不当な差別的取り扱いによる学生の権利・利益の侵害を禁じ、学修上の障害及び社会的障壁の除去について、障害のある学生及び障害のある入学志願者の申し出に基づき合理的配慮の提供を行う。
 合理的配慮とは、障害のある者が、他の者と平等に「教育を受ける権利」を享有・行使することを確保するために、大学等が必要かつ適当な変更・調整を行うことであり、障害のある学生に対し、その状況に応じて、大学等において教育を受ける場合に個別に必要とされるものであり、かつ大学等に対して、体制面、財政面において、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。
3.定義
 本学が支援の対象とする「障害のある学生」とは、身体障害、精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があり、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にある学生とする。
4.支援体制
 本学は、すべての組織及び教職員が連携して障害のある学生及び障害のある入学志願者を支援するため、以下を相談窓口とする。
  • (1) 学生相談室
  • (2) 教務・学生課
  • (3) 保健センター
  • (4) キャリア支援センター
5.情報公開
 本学は、障害のある学生及び障害のある入学志願者に対する取り組みや支援について情報公開を行う。
6.この基本方針に関する事務は、事務部教務・学生課が行う。
7.この基本方針の改廃は、合同教授会の議を経て学長が決定する。

   附 則
  この基本方針は、平成30年 1月 1日から施行する。

■お問い合わせ先

日本獣医生命科学大学  電話番号 0422-31-4151
入学者選抜における支援 【担当 教務・学生課】
修学支援 【担当 教務・学生課】
学生生活支援 【担当 教務・学生課】
キャリア支援 【担当 キャリア支援センター】
キャンパス環境の整備 【担当 庶務課、施設管理課】