獣医保健看護学専攻博士前期課程
前へ戻る

獣医保健看護学分野の構成

獣医生命科学研究科獣医保健看護学博士前期課程は、獣医保健看護学分野が焦点としている獣医保健看護学の教育・研究者の養成に必要な科目として、基礎獣医保健看護学ならびに臨床獣医保健看護学の2分野を教授し、さらに相互の分野の特論および特別演習を選択的に履修可能にすることにより、基礎・臨床ならびに応用研究手段・技術を指導し、優れた獣医保健看護学に対する教育・研究開発能力を備えた教育・研究者を養成する。

分野の研究と教育

基礎獣医保健看護学分野

動物の保健および検査技術教育の基盤となる基礎科学教育と演習に焦点を当てた看護教育を行うため、動物感染症、野生動物、遺伝学、公衆衛生、微生物、生態などの教育と研究を行う。研究手法として統計学的な手法に加え、最新の分子レベルでの生体機能解析法を修得させる。

臨床獣医保健看護学分野

動物看護や予防獣医学の専門知識と技術を修得させるため、動物実践看護学、動物代謝学、高次機能学、病態学、臨床検査学、動物行動学、動物福祉などの研究と教育を行う。研究手法としては、動物のストレス関連マーカーなどの臨床生化学的手法解析、疾患動物の組織や細胞の組織学的解析法や効果的な動物看護技術あるいは動物問題行動などと数値化するための統計学的手法などを修得させる。