前へ戻る

[教員] 竹村直行 (教授・獣医学博士)

教室の紹介

犬や猫が長命になったのは確かに良いことです。しかし、長命と引き替えに高齢動物の多くが腫瘍(がん)・心臓病・腎臓病のいずれかで最後は亡くなっています。
「“動物の命を守ること”が我々獣医師の使命の一つだとすれば,これらの3つの問題に対応しなければ、獣医師は社会貢献したことにならない」という着想のもと、当教室は心臓病と腎臓病の診断・治療に関する研究に心血を注いでいます。

受験生へのメッセージ

私たち獣医師の職責は多方面にわたっていますが、我々の研究室では小動物の内科疾患の診療・研究がメイン・テーマです。そして「どうしたら動物が飼い主さんと快適に暮らせるのか」…この問題を解決することで社会に貢献することが、我々の究極の目的です。ちょっとしんどいかも知れませんが、我々とこの問題に正面から取り組んで見ませんか?