食品バイオテクノロジー教室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

  • ① 微生物由来の抗菌性物質の検索。
  • ② 食品などの遺伝子検査の検討。
  • ③ 酵母・乳酸菌による遺伝子組換えタンパク質発現系の検討。
研究の様子

教員紹介

後藤公彦准教授
  • 氏 名:渋井 達郎 教授
  • 学 位:農学博士
  • 専門分野:バイオテクノロジー、農芸化学
  • 担当科目:遺伝子工学・バイオテクノロジー概論(分担)・分子生物学・食品バイオテクノロジー実習
  • 食品科学概論(分担)
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
原宏佳講師
  • 氏 名:原 宏佳 講師
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 専門分野:食品バイオテクノロジー、微生物学
  • 担当科目:バイオテクノロジー概論(分担)・応用微生物学・発酵食品学
  • 食品バイオテクノロジー実習・食品科学概論(分担)・食品科学概論実習(分担)

Close-Up「研究」

  • ① 微生物由来の抗菌性物質の検索
  • 「人々が長年にわたり食品として、あるいは食品とともに、何らの害作用もなしに食べてきた植物、動物あるいは微生物起源の抗菌性物質」というバイオプリザバティブを効果的に活用しようとする食品保蔵技術に強い関心が寄せられています。乳酸菌は乳酸を生成しpHを低下させることにより他の微生物に対して抗菌活性を示します。また、バクテオリシンという抗菌性物質を産生します。この一つがナイシンです。バクテリオシンは主に類縁菌に対して抗菌活性を示すもので、乳酸菌の中でもバクテリオシンを生産するものがあり、乳酸菌研究と乳酸菌利用の両面から注目されています。このナイシンを生産する乳酸菌を検索し、得られる抗菌性物質を食品への利用などに検討しています。

  • ② DNA鑑定による食品検査
  • 塩基配列におけるSNPの例塩基配列におけるSNPの例遺伝子はDNAによって構成されており、DNAは4つの塩基が連なってできています。その塩基の並び方は、例えばコメであればほぼ同じですが、品種間においてわずかに異なる部分が存在します。その異なる部分をSNPs(スニップス)といいます。あきたこまちやひとめぼれなど、コシヒカリから育成された近縁品種間にもSNPsは存在します。このSNPsを調べることで、コメの品種を正確に知ることができます。このようにお米だけでなく、他の農産物などにおいてDNA検査は有用です。そこで、食品の安全性・信用性を確実にするDNAの検査法を検討しています。

  • ③ 酵母・乳酸菌による遺伝子組換えタンパク質発現系の検討
  • 食品に関連した酵母や乳酸菌の新たな可能性を求め、遺伝子組換えタンパク質の新規な高生産系構築検討を行っています。

学生からの一言

木村 陽晴(食品科学科4年次)

当研究室では、乳酸菌や酵母菌、ミトコンドリアの遺伝子を扱った研究を行っています。
私は現在、酵母菌にオワンクラゲの蛍光タンパクと抗生物質を連結させたプラスミドを組み込むことで、安価な抗生物質の産生を試みています。
他の分野では、様々な発酵食品から抗菌性物質を産生する乳酸菌を検出する乳酸菌の研究や、鶏肉のミトコンドリア数から鶏肉の部位の解明をすることで、産地偽装防止が可能となるミトコンドリアのDNA研究などにも取り組んでいます。
また当学科では、様々な角度から「食」というものについて学んでいます。座学はもちろんのこと、細菌を扱った実験や、豚肉からのハム・ソーセージの製造、チーズ・バターの製造などの実習内容も豊富であり、幅広い知識を身につけることが出来ます。
大学生活は学業だけに捉われることなく、アルバイトやサークル活動など私生活においても充実した学生生活を送ることが出来ます。学生時代にしか出来ない経験をし、納得のいく学生生活を送っていきたいと思います。

バイオDSC