食品経済学教室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

食品経済学教室は、食品に関する諸問題について社会科学的な視点からアプローチします。その対象となる範囲は広く、農畜水産物の生産現場から、製造・流通を経て、家庭や外食における消費に至るまで、幅広い分野が研究テーマとなり得ます。いくつかの具体例をあげるならば、以下のとおりです。

  • ①安定的かつ効率的な農畜産物の生産システムは、どのようして作られるのか?
  • ②都市近郊農業を長期的に維持して行くには、どのような取り組みが求められるのか?
  • ③農畜水産物が産地から家庭で消費されるまでの間には、どのような課題があるのか?
  • ④農畜水産物はなぜ輸入され、どのような経路によって流通するのか?
  • ⑤食品産業は販路拡大に向けて、どのようなマーケティングを行っているのか?
  • ⑥食品産業は安心・安全な食品を提供するため、どのような取り組みをしているのか?
  • ⑦次代を担う子供たちに対し、どのような食育を行えば良いのか? など…

食品経済学教室では、学生が上記のような研究テーマについて調査・研究し、他の学生や教員と「共に考える」ことを通じて卒業論文をとりまとめていきます。

教員紹介

先生イメージ
  • 氏 名:木村 彰利 准教授
  • 学 位:博士(農学)
  • 専門分野:食品・農業経済学、食品・農業市場論
  • 担当科目:食品経済論、食品市場論、食品企業の戦略と倫理、特別講義(コーディネーター)、
           食品科学概論(分担)、卒業論文作成指導
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)

Close-Up「研究」

教員の主要研究テーマは、以下のとおりです。

  • ①都市近郊の園芸生産地域における青果物の集出荷形態
  • ②関東近郊の園芸生産地域に立地する産地集荷市場の機能分析
  • ③関東近郊の地域流通市場における市場機能強化策に関する実態分析
  • 著書:

    『大都市近郊の青果物流通』筑波書房、2010
    『変容する青果物産地集荷市場』筑波書房、2015

  • 論文:

    「A Study on Strengthening of Market Functions of Local Distribution Markets in Eastern Shizuoka」フードシステム研究69、2016
    「大都市近郊の地域流通市場における市場機能強化に関する研究 -神奈川県湘南地域等を事例として-」農業市場研究102、2017(受理済)

学生からの一言

大根田 祐佳(食品科学科4年次)

 食品経済学教室は名前の通り、食品を経済的視点で見つめ、調査を行い、事例に基づき研究する研究室です。卒業論文ではまず問題提起から始め、資料集めや調査を行い、教員にアドバイスを頂きながら進めています。また、ゼミでは毎週1人が与えられた文献を要約し、自身でレジメを書き、その論文で著者が何を述べたいのかを説明し、室員が質問し合うといった活動をしています。

手塚 明利(食品科学科4年次)

 私は食生活実態調査から見る大学生の食生活について研究を行っています。他の研究室と異なり実験はありませんが、文献やデータから結果を探求していくことにやりがいを感じています。自分のしたいことを研究することが出来るという、扱えるテーマの広さがこの研究室の魅力ではないかと思います。自由である分、自ら行う大変さはありますが、充実した研究を行うことが出来ると思います。

八重樫 萌生(食品科学科4年次)

 食品経済学教室は食品科学科の研究室の中で最も幅広く研究テーマを選択することができます。事実、卒業論文のテーマとして「超高齢化社会と食品企業について」や「大学生の食生活について」、「クラフトビールが若者のビール離れを救う」などのテーマで研究をしている室生もいます。このように、食品経済学教室は木村先生と相談しながら幅広く研究を行うことができます。