学生からのレポート

前へ戻る

平成28年度 乳肉利用学教室卒業論文発表会を終えて

発表者(4年次)からのレポート

4年次 岩楯 健太

 卒論発表に向け、私はこれまで幾度もの実験・文章推敲を重ね、構成を練り直してきました。授業・実習や就活の合間を縫って励んだ実験の日々、また、自分がこれまで実験によって積み上げてきたデータの数々を思い、勇躍して発表に臨みました。あの場にいた発表者の全員がおそらく同じ気持ちで、各々昂然たる顔つきに見えました。質疑応答における議論も活発で、次年度以降研究を引き継ぐ後輩たちの研究への熱意を直に感じ取れ、発表会全体を通して胸が熱くなる思いでした。最後になりましたが、これまでの研究活動についてご指導ご鞭撻を賜りました先生方に感謝申し上げます。

4年次 渡辺 千聡

 卒論発表では自分たちが行ってきた実験を、いかにわかりやすく伝えられるかを心掛けました。今まで行ってきた実験を振り返りながらデータ整理をし、リハーサルも何度も繰り返しました。それでも当日は緊張しましたが、後輩や同期から的確な質問がきて、自分たちの研究に興味を待ってくれたことがわかり、嬉しかったです。卒論発表を終えた後は、無事終えることが出来た達成感と、当たり前に続いていた研究生活が終わってしまう寂しさがありました。
 乳肉利用学教室で2年間過ごしてきて、なかなか実験がうまく進まず苦しい時もありましたが、これを乗り越えられたのも室員のおかげであり、毎日充実した楽しい時間でした。後輩にも悔いなく全力で研究生活を楽しんでもらいたいです。

聴講者(3年次)からのレポート

3年次 松原 諄

 研究内容が2年次にもわかるように原稿やスライドが構成されており、とても勉強になりました。また、先輩方の1年間の努力が伝わってくる発表会であり、私も先輩方のように頑張ろうと思いました。

3年次 後藤 健也

 研究室の先輩方の発表を目の当たりにして、改めて研究に対する意欲が素晴らしいと感じました。日頃から実験を何度も重ねたり、他の研究論文を参考にしたりと多忙な時間を過ごされる中で、得られたものが沢山あると思います。今後、時間が許される限り、真摯に研究に取り組み、1年後には先輩方のように胸を張って立派に研究成果を発表することが目標です。

■関連ページ

教員からのレポート  乳肉利用学教室卒業論文発表会の教員からのレポートはこちら
食品科学科特集  さまざまな視点から食品科学科をご紹介します!