教員からのレポート

前へ戻る

平成28年度 乳肉利用学教室卒業論文発表会を開催しました

三浦 孝之 講師(乳肉利用学教室)

 平成29年2月24日、乳肉利用学教室の卒論発表会が行われました。
 この卒論発表会は、研究室に配属してから2年間の集大成を発表する場です。本研究室では乳製品に関わる研究を行っており、「チーズ」、「ヨーグルト」や「乳酸菌」等、私たちの生活に身近で興味深いキーワードの研究テーマが並んでいます。とは言え実験内容は平易なことばかりではありません。学生達は複雑な研究内容を明確に伝えるため、工夫を凝らしたプレゼンテーション資料を製作し、発表練習に日夜励んできました。 発表後の質疑応答も懸命に応え、無事にやり遂げたときの表情は達成感と自信に満ち溢れていました。
 卒論研究は身体を動かして実験をするだけではなく、問題点に対してどのように解決していくのかを、論理的に考える方法を学んでいく科目です。こうした経験は必ずや社会生活に役に立つことでしょう。皆様お疲れ様でした。

■関連ページ

学生からのレポート  乳肉利用学教室卒業論文発表会の学生からのレポートはこちら
食品科学科特集  さまざまな視点から食品科学科をご紹介します!