教員からのレポート

前へ戻る

新入生オリエンテーションを開催しました

准教授 木村 彰利(食品経済学教室)

 去る4月18日(木)から19日(金)にかけて、食品科学科の新入生に対するオリエンテーションが行われました。今年度の新入生は男性42名、女性48名の合計90名です。オリエンテーションは箱根千石原温泉の「ホテル箱根パウエル」に宿泊しながら、2日間にわたる日程での実施となりました。

 具体的なスケジュールは、初日の午前中は学内で各教室の概要を説明し、午後はバスで移動した後に、ホテル内の会場において教員との交流会や新入生の自己紹介を行いました。また、2日目は株式会社ヤクルト本社の富士裾野工場を見学し、午後、帰途につきました。わずか2日間の交流でしたが、教員や友人と知り合う良い機会になったかと思います。

■関連ぺージ