ニュース
前へ戻る
タイトル

関 将一 食品科学科 3年 

                       食品バイオテクノロジー教室所属

「子供達の理科離れ」を防ぐ対策の一つとして
「実験は楽しい」を伝えたい

今回の実験講座では、すりつぶした玉ねぎに薬品を混ぜ、凝集したDNAを観察するという1時間程度でできる実験を行いました。 参加したどの子も、玉ねぎの刺激で涙を流しながらも夢中になって実験に取り組み、「もう1回やる!」「どうしてこうなるの?」など質 問してきたりして意欲的でした。また、同伴されていた保護者の方からも様々な質問を頂き、時にはこちらがしどろもどろになってし まうこともありました。しかし、疑問を投げかけられることで自分がどのくらい理解しているか知ることができ、私達にとってもやりが いのある講座となりました。
さて、この講座は、現在問題となっている「子供達の理科離れ」を防ぐ対策の1つとして「実験は楽しい」という印象を子供に持って もらおうと開催されたものですが、子供達は前述のとおり、目を輝かせて取り組んでくれましたし、アンケートにも「楽しかった」「また やってほしい」という回答がほとんどでした。これは大変嬉しいことで、自分達が少しでもお役に立てたのなら光栄に思います。 (11月1、2日の学園祭には、当研究室の展示を予定しております。今回の玉ねぎを使ったDNA抽出実験の他に顕微鏡による菌の観察も行う予定です。よろしければぜひお越しください。)

※他の学生のレポートは食品科学科HP「F-Report」へ >>

日本獣医生命科学大学 事務部 庶務課