ニュース
前へ戻る

平成20年度学位記授与式が挙行されました

平成21年3月11日(水)、心配された天候も、卒業生の祈りが通じ晴天の中、平成20年度学位記授与式が本学アリーナで挙行されました。
本年度は、獣医学専攻博士課程修了者10名、論文審査合格者5名、応用生命科学専攻博士前期課程修了者7名、獣医学科卒業生90名、獣医保健看護学科卒業生92名、動物科学科卒業生70名、食品科学科卒業生 76名の計350名が学位記の授与を受けました。
そののち、教育職員免許状、家畜人工授精講習会修業試験合格証の授与が行われたあと、在学期間を通じて、最も学業成績が優秀でかつ、人物にも優れたものに各学科1名に対して与えられる学長賞の授与が行われました。
引き続いて、社)日本獣医師会褒賞、日本畜産技術士会会長賞、同窓会長賞などの授与が行われ、最後に本年度最初の卒業生を輩出する獣医保健看護学科の学長賞に輝いた、三浦 睦さんが卒業生を代表して挨拶を行いました。
卒業生たちは、皆今後の活躍を予感するような晴れ晴れとした表情で式典に臨み、式典終了後も名残りを惜しむ後輩たちの祝福が長い間続いていました。