ニュース
前へ戻る
武蔵野まほろば

受験生の皆さん、日本獣医生命科学大学は、創立130周年を明後年に迎える伝統ある大学です。明治維新の黎明期、若干21歳の田沢直孝獣医師を総代に、9名の青年獣医師達が青雲の志に燃えた17名の獣医学徒を集め、切磋琢磨にして築いた日本最初の私立獣医学校です。
狂犬病や牛疫のワクチンを完成して、全世界を狂犬病禍から救い、第4代目の校長に新任して本学の発展に寄与された梅野信吉博士は、その1期生であります。
現在本学は、獣医学部を獣医学科と獣医保健看護学科、応用生命科学部を動物科学科と食品科学科で構成し、気鋭の獣医師、日本初の動物看護学士、動物科学や食品科学の研究職及び産業動物や食品産業界で活躍する専門職が巣立っています。
なお教育・研究施設、動物医療センター・牧場(富士アニマルファーム)も整備され、また武蔵境駅に近く、立地条件に恵まれた理想的な学舎です。
志ある受験生を待っています。