ニュース
前へ戻る

池本学長が日本獣医史学会より名誉会員の称号を授与されました

 池本卯典学長が、日本獣医史学会より名誉会員の称号を授与(平成26年11月1日付)されました。これは、獣医史学教育に対する長年に亘る功績によるもので、平成26年12月8日に学長室にて執り行われた贈呈式では、小佐々 学 同学会理事長より名誉会員証が贈られました。なお、池本学長は、平成24年の同学会40周年記念式典においても、「日本の獣医史学教育の推進と発展への功績」により同学会功労賞を受賞されております。
 また、獣医学教育改革の一環として現在進められている獣医学教育モデル・コア・カリキュラムにおいて、獣医史学は獣医学概論の一部として全ての獣医学生が学ぶべき項目となりましたが、本学ではモデル・コア・カリキュラムが導入される以前から、池本学長の発案により獣医学科1年次の正規開講科目となっており、獣医学を学び始めたばかりの学生達に獣医学の重要性を再認識させるいい機会となっております。ちなみに、本学以外で獣医史学を正規開講科目にしている獣医系大学はありません。
 今回の称号拝受により、本学の長い歴史に新たな1ページが刻まれました。

獣医学部 獣医学科
基礎獣医学部門 形態機能学分野
准教授 佐々木 典康