ニュース
前へ戻る

授業評価アンケートの意見交換会を開催しました

-学修支援システムでの授業評価アンケートにぜひご協力を!-

 平成29年4月28日のお昼休み(学生総会前)に、昼食を食べながらというスタイルで、授業アンケートに関する学生との意見交換会が開催され、24名の学生と12名の教職員が参加しました。
 FD委員からは、授業アンケートは、教員による授業改善のために実施されているもので、その結果は全教員に知らされ、それに対して教員はコメントを書いて学生に回答しているということを話しました。また、今年度は、授業アンケートがこれまでの紙での提出ではなく、学修支援システムで行われること、そのアクセスの仕方やアンケート結果がポータルサイトのMyツール→キャビネット一覧で公開されるため、これまでより見やすくなることをアピールしました。
 これに対して、学生からは、講義後に学修支援システムにアクセスする方式では回答するのが面倒になるので講義中に回答できるようにならないのかとの要望が寄せられました。これについては、講義室へのWi-Fiが設置予定なので、作業日程を確認することにしました。
 また、学修支援システムの事前資料をプリントアウトして持参するか、タブレット、スマホで見るかについての意見も交わされました。この他、1年生からは、4月初めからの様々な行事(オリエンテーション、学生総会など)の概要をわかりやすく知らせてほしかったという要望等、様々な意見、要望が寄せられました。
短い時間ではありましたが、参加した学生の皆さんとFD委員の熱意で、有意義な意見交換となりました。今後も、より多くの学生の参加を期待しています。

追記:後日、Wi-Fi設置について確認したところ、6月末に設置完了予定であるとのことでしたので、場合によっては講義中に回答できないかもしれません。もし、講義後の回答となった場合にも、授業改善のために、学生の皆さんにはぜひアンケートへの回答をお願いいたします。また、教員の皆さまにもそのような指導をお願いいたします。この場を借りて重ねてお願い申し上げます。

(FD委員会委員長 松石昌典)