ニュース
前へ戻る

動物科学科70周年・食品科学科50周年記念式典を開催しました

 動物科学科70周年・食品科学科50周年記念式典が、11月11日(土)に本学で行われました。午後1時より「記念シンポジウム」がE棟111講義室で、午後3時45分からは「記念祝賀会」がアリーナでそれぞれ開催されました。動物科学科は昭和22年の日本獣医畜産専門学校の畜産科設置から今年で70年、一方、食品科学科は昭和42年畜産食品工学科設置から50年を迎える節目の年となります。その間、動物科学科では3,163名、食品科学科では3,671名の卒業生を輩出しておりますが、両学科合同の創立記念式典は初めての開催となります。当日は、学校法人日本医科大学坂本理事長、本学阿久澤学長、中條同窓会長ならびに66年前に卒業された大先輩を始め、約380名が出席する盛大な会となりました。
 シンポジウムは、両学科4名の卒業生と両学科長にシンポジストをお願いし、勉強になる話、懐かしい話そして両学科の未来像など、満席となった聴衆の多くの皆様に御満足いただける内容であったと思っております。
 祝賀会では、予想をはるかに上回る参加者が集い、アリーナ全体がすごい熱気となりました。オープニングの愛奏会の演奏に始まり、坂本理事長、阿久澤学長の御挨拶ならびに中條同窓会長、小磯 孝(畜産学科卒業)・山内直文(畜産食品工学科卒業)両同窓会副会長の御祝辞を頂戴したのち、紺野 耕 元学長の乾杯の御発声で幕が切って落とされました。焼きたてのステーキや美味しいチーズなど食材も豊富で、終始和やかな雰囲気の中、一本締めで終了となりましたが、会話が弾み時間が早く感じられた方も多かったのではないでしょうか。現在、当日の写真を編集して記念誌を作成中ですが、被写体である参加者の皆様に笑顔が絶えなかったのが、何よりです。
 最後になりますが、この式典に対し、ご支援を賜りました大学および父母会ならびに共催いただいた同窓会に対しまして、心より御礼を申し上げます。

記念式典実行委員長 天尾弘実
(応用生命科学部長)