ニュース
前へ戻る

本学動物科学科 桑原 考史 講師が講演します
三鷹ネットワーク大学企画講座
「生きものと共生する水田農業
~コウノトリ・トキを保全する地域の仕組みづくり~」のご案内

 三鷹ネットワーク大学企画講座「生きものと共生する水田農業
~コウノトリ・トキを保全する地域の仕組みづくり~」を平成30年1月16日(火)に三鷹ネットワーク大学にて開催します。講師は本学動物科学科桑原 考史 講師です。
 本講座は、最新の研究成果を交えて、生命と食料生産のあり方を考える全4回のシリーズの第2回です。
 今回は「動物」といっても家畜ではなく、農村に生息する野生動物に注目します。
 近年、水田や農業用水路などが、生態系・生物多様性保全にとって重要な環境とみなされるようになっています。農業・農村に対する社会のニーズが、微妙に、しかし着実に変わってきているのです。
 今回の講座では、具体例として、コウノトリやトキといった希少鳥類を保全しながら水田農業振興に取り組む地域にスポットを当てます。私たち人間が生きものと「共に生きる」ために、どんな社会が必要なのか、一緒に考えてみませんか?

【講座概要】

講座日程:平成30年1月16日(火)
時間:19:00~20:30
定員:30 人 (先着制)
受講料:500 円
会 場:三鷹ネットワーク大学
アクセスはこちら

【お申込み・お問合せ】

三鷹ネットワーク大学推進機構
お申込み・詳細はこちら
電話番号:0422-40-0313
FAX:0422-40-0314
URL:https://www.mitaka-univ.org/