ニュース

前へ戻る

学生相談室ワークショップ「夏休み直前アイスクリームと木の匙(さじ)を作ろう」を開催しました

 夏休み直前の7月31日に「アイスクリームと木の匙(さじ)を作ろう」という学生相談室主催のワークショップを行いました。ワークショップには獣医保健看護学科、動物科学科、食品科学科の1、2年次生21名が参加してくれました。始めに、室長の吉田充先生から挨拶があり、続いてワークショップを毎年引き受けていただいている三浦孝之先生から説明を受けました。まず、木の匙作りを行いましたが、参加した学生は木を削ることに夢中になり、あっという間に2時間が経ちました。出来上がった匙は様々な形をしていて、学生たちの個性が現れていました。その後、食品製造実習室に場所を移してアイスクリーム作りを見学し、乳肉利用学教室の学生さんたちがあらかじめ作ってくれていたアイスクリームを自分で作った匙を使って食べました。アイスクリームはとてもおいしく、いろいろな味のものを用意してくれていて、なかには個性的な?味のものもあり、談笑しながら味わいました。参加した学生から来年も参加したいという声も聞こえ、とても有意義なイベントになったのではないか思います。準備、担当していただいた三浦先生、乳肉利用学教室の学生の皆さん、ありがとうございました。

(学生相談室員 食品工学教室 小林史幸)

学生相談室についてはこちら>>
匙の作り方のレクチャーを受ける学生達
机に並べられた色とりどりの木の匙