五大学共同講演会

前へ戻る

平成29年度 武蔵野地域五大学共同講演会

テーマ ムクドリはどうして駅前に集まるのか?

講師:梶ヶ谷 博 教授(獣医学部 獣医保健看護学科)

読者はムクドリという鳥をご存知でしょうか。夏から秋、冬にかけて、駅前などで大集団を作って騒いで近隣住民に大迷惑をかけている鳥です。なぜムクドリはいつも決まった駅前でねぐらを作りたがるのでしょうか。
駅前や道路の街路樹のねぐらとして選ばれる木には立派な「ケヤキ」が多くあります。集合場所として目標にしやすいのかも知れません。しかし、都会にも大きい樹木ならイチョウやらクスノキやら、他にもあります。本数にしてもケヤキが一番というわけでもありません。今回は、こうした樹木やねぐら周辺の物理環境要素を分析しながらムクドリのねぐらについて考えてみます。

  • 日程:平成29年10月6日(金) 午後5時~6時30分
  • 会場:E棟111講義室

※詳細は8月下旬以降に「武蔵野地域自由大学」HPをご覧ください