前へ戻る

平成18年度


研究題目 研究代表者 補助金額(円)
表皮バリア構築におけるケラチノサイト分化関連蛋白(Kdap)の動態に関する研究 八木原 紘子 1,000,000
農業者による野生生物共生システムの開発と農業農村環境政策についての総合的研究 松木 洋一 2,100,000
猫の肥満および糖尿病の発症メカニズムの解析とその臨床応用 新井 敏郎 3,000,000
日本産絶滅危惧種における野生復帰ガイドラインの確立 羽山 伸一 1,000,000
犬猫におけるてんかん焦点検索法としてのMRI脳潅流画像法の研究 織間 博光 300,000
食品咀嚼香発生および感性工学手法による咀嚼香知覚のメカニズム解析 小竹 佐知子 3,000,000
ニワトリにおけるグレリンの成長ホルモン依存性および非依存性作用機構の解明 田中 実 3,200,000
メダカの環境汚染物質誘発肝癌における発癌メカニズムの分子生物学的検証 土田 修一 600,000
チンパンジーの母子相互作用と社会性の発達
                    -動物園飼育下における事例研究-
柿沼 美紀 600,000
ニホンイモリにおける嗅覚系の分化に関する研究 添田 聡 900,000
自己骨髄および脂肪由来幹細胞を利用した組織再生医療法の獣医臨床応用研究 原田 恭治 700,000
分子解析による牛扁桃由来豚丹毒菌の疫学的意義 澤田 拓士 1,200,000
特発性肺胞蛋白症において抗サイトカイン自己抗体はなぜ増加するのか? 中垣 和英 1,000,000
 乳用ヤギ飼育は定着するか?
               -ヤギミルク生産システムの実証的研究-
小澤 壯行 1,500,000
ネコアディポネクチンの分子構造と肥満・糖尿病動物における血中動態 石岡 克己 1,800,000
自己反応性T細胞に対するDC-HILの抑制的制御機構の解明 盆子原 誠 2,600,000
犬胚の凍結保存法の確立に関する発展的研究 堀 達也 1,600,000
外来サケ科魚類の侵入に対する予防と対策の確立 山本 俊昭 2,700,000
イヌ・ネコにおけるてんかん原因/関連遺伝子とてんかん素因の解析 長谷川 大輔 2,700,000
犬における乳腺腫瘍の網羅的な遺伝子発現解析と発症・悪性化に関わる分子経路の同定 道下 正貴 1,410,000
トランスジェニックラットの国際胚バンクシステム 袴田 陽二 500,000
平成23年度はこちらから>>