前へ戻る

日本獣医生命科学大学公的研究費管理責任者

  • 最高管理責任者:学校法人日本医科大学 理事長
  • 統括管理責任者:学校法人日本医科大学 公的研究費管理担当理事
  • 大学管理責任者:日本獣医生命科学大学 学長
  • 大学統括管理責任者:日本獣医生命科学大学 大学院研究科長
  • コンプライアンス推進責任者:日本獣医生命科学大学 獣医学部長、日本獣医生命科学大学 応用生命科学部長
  • 研究倫理教育責任者:日本獣医生命科学大学 大学院研究科長
  • 事 務 責 任 者:日本獣医生命科学大学 事務部部長

日本獣医生命科学大学公的研究費の不正使用防止等に関する基本方針

学校法人日本医科大学(以下「本法人」という。)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付文部科学大臣決定)に基づき、本法人における公的研究費の運営・管理を適正に行い、不正を防止するための基本方針を以下のとおり定めました。
これを受けて、日本獣医生命科学大学における公的研究費等の管理体制の見直しを行い、改正ガイドラインに沿った以下の取組を実施することにしました。


(1)機関内の責任体制の明確化

公的研究費の運営・管理及び不正防止対策に関する責任体制を明確化し、周知・公表する。
本学における公的研究費の運営・管理について大学全体を統括する責任及び権限をもつ者として大学管理責任者を置き、学長をもって充てる。
大学管理責任者を補佐し、大学の公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者として大学統括管理責任者を置き、大学院獣医生命科学研究科長をもって充てる。
大学統括管理責任者の指示の下、自己の管理監督又は指導する部署等における公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者としてコンプライアンス推進責任者を置き、獣医学部長及び応用生命科学部長をもって充てる。

本学における各責任者等の責任範囲と権限は以下のとおりです。

学校法人日本医科学大学公的研究費管理規程PDF


(2) 適正な運営・管理の基礎となる環境の整備

公的研究費の使用及び事務処理に関するルールを明確にするとともにコンプライアンス教育を適切に行い、関係者の意識向上を図り、共通理解の下に適正な運営・管理を行う環境・体制を構築する。

研究者や事務職員の意識向上のため、研究活動に関する行動規範である「日本獣医生命科学大学研究者行動規範」、研究費の使用に関する「日本獣医生命科学大学における公的研究費の使用に関する行動規範」を定めています。


(3) 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

公的研究費の不正につながる要因(リスク)に対応した不正防止計画を策定する。

不正使用の発生要因の調査及び不正防止計画の策定・実施を担当する委員会を研究推進委員会としています。


(4) 研究費の適正な運営・管理活動

日本医科大学及び日本獣医生命科学大学は、不正防止計画に基づき、大学全体の不正防止に関する具体的な対策を策定し、確実かつ継続的に実施する。

物品の購入に係る不正を防止するため、大学院課及び施設管理課の職員が納品チェックを行っています。また、不正な取引に関与した業者に対しては、取引停止の処分を定めています。


(5) 情報発信・共有化の推進

本法人並びに日本医科大学及び日本獣医生命科学大学は、この基本方針、不正防止計画及び公的研究費の取扱ルール等をホームページに掲載することにより広く情報を発信し、学内外の情報共有に務める。

公的研究費等の不正使用等に関する機関の内外からの通報及び相談に対し対応できるよう、大学院課に通報窓口を設置しています。


(6) モニタリングの在り方

公的研究費の運営・管理活動をチェックする実効性のあるモニタリング及び内部監査体制を整備する。

公的研究費が恒常的に適正管理・運営されていることを監査するために、法人監査室と連携して、内部監査を実施します。

研究活動の不正行為に係る通報・相談窓口

[窓口] 大学院課内 不正行為告発窓口(投書箱も設置しています)
[電話] 0422-31-4151(内線5121)
[FAX]  0422-33-2094
[E-mail] kokuhatsu@nvlu.ac.jp