獣医学科長からのメッセージ

前へ戻る

獣医学に精通し動物の『いのち』を
支え守れる獣医療専門技術者になる

獣医保健看護学科長
左向 敏紀

 獣医保健看護学科は、伴侶動物・産業動物・野生動物のケガや病気の看護ならびに動物の健康を維持するための疾病予防、動物衛生、環境保全、さらには動物福祉について幅広く学べる獣医系大学に初めて設置された4年制学科です。
 獣医療の現場では獣医師と動物看護師が連携した「チーム獣医療」が不可欠です。本学科では、獣医学に精通し、獣医師と密に連携できる高い実践力を持った動物看護師などの獣医療専門技術者を育成するため、獣医学科の教育システムと連動したカリキュラムを構成しています。4年間に「臨床動物看護学」「獣医保健学」「環境保全学」などの専門分野について深く学び、かつ、動物福祉系科目を身につけることによって、高度な専門知識と技術だけでなく社会構造と生命倫理を踏まえた判断力・対応力を養います。
 卒業生は動物病院のほか、衛生検査・動物管理関連機関、動物検疫所、医薬品・食品・飼料・生活用品製造企業、野生動物の保護・管理関連施設などの様々な就職先で活躍しています。大学院進学率が高いのも本学科の特徴の一つです。この学科で動物の『いのち』を支え守れる獣医療専門技術者になってみませんか。