どうぶつびより
前へ戻る

第2回医獣祭とオープンキャンパスの様子をお伝えします

獣医保健看護学科広報委員会

 2017年11月3日から5日にかけて『医心獣心~細胞レベルで楽しんでる?』をテーマに第2回医獣祭が開催されました。日本獣医生命科学大学の伝統ある大学祭ですが、昨年からは同一法人である日本医科大学との合同大学祭に発展し、さらに盛大に実施しています。先週、先々週の週末は台風で荒れ模様でしたが、大学祭当日は日獣大生の熱い思いが伝わったのか過ごしやすい天気になり、各部活、サークル、研究室による様々なパフォーマンスや模擬店、牛乳早飲み大会、女装・男装コンテスト、コメディアンの方たちによるお笑いライブなどで盛り上がりました。ケネルクラブによるペットショー、馬術部による乗馬教室、大学付属ワイルドライフミュージアムにおける学芸員課程学生による展示「外来種展」など、日獣大の特色があふれた企画も例年同様大人気でした。

 獣医保健看護学科では、臨床部門の大学院生(認定動物看護師)と教員(認定動物看護師および獣医師)が、犬のお手入れについてアドバイスする『わん☆ポイント講座』を今年も実施しました。愛犬を連れて来場してくださった飼い主さんからの「歯磨きのトレーニングはどうしたらいいのか?」などのご質問に、「マッサージをするようにお口の周りを触る練習から始めましょう」といったアドバイスを行うなど、多くのご質問やご相談にお答えいたしました。また、愛犬の体重や体脂肪率が測定できるコーナーも好評でした。

 また大学祭に合わせてオープンキャンパスも実施しました。獣医保健看護学科のブースには、129名の高校生やご家族の皆さまがご来場くださいました。本学科のイベントとして、体験講義「犬と猫の血液型講座(近江教授)」をはじめ、学科説明、入試説明、ポスターによる研究分野紹介、教員・学生との面談などが行われました。今回はその様子を写真でご紹介します。

医獣祭

外ステージのパフォーマンス

馬術部による「親と子の乗馬教室」

獣医保健看護学科の大学院生と教員による愛犬のお手入れの「わん☆ポイント講座」

獣医保健看護学科・臨床部門学生による水餃子模擬店

獣医保健看護学科・保全生物学研究分野学生によるいか焼き模擬店

獣医保健看護学科・基礎部門学生によるフランクフルト模擬店

オープンキャンパス

梶ヶ谷獣医保健看護学科長による学科説明・入試説明

近江教授による体験講義「犬と猫の血液型講座」

高校生からの質問に答える獣医保健看護学科の教員

入試体験談や大学生活などの質問に答える獣医保健看護学科の在校生(赤Tシャツ)