卒業生は今

前へ戻る

「先端獣医療の実用化を目指して」

矢作茉奈さん

獣医学部 獣医保健看護学科 2016年3月卒業

勤務先

アニコム ホールディングス株式会社

■現在の仕事について教えて下さい

 私は大学卒業後、アニコム ホールディングス株式会社に入社し、現在はグループ内の3つの病院で動物看護師として臨床業務を行っています。中でも横浜にある「動物再生医療センター病院」は、ヒト再生医療の基準に則した細胞培養施設を併設した日本で初めての動物病院であり、細胞治療や再生医療といった先端医療の実用化に取り組んでいます。私自身、この病院で働くことにより、難病に苦しむ動物たちの治癒や負担軽減に少しでも役に立てればと日々努力しています。

■大学で培ったことで現在の仕事に生かされていることはなんですか?

 動物病院においては、常に、「獣医師」と「患者である動物」と「その飼い主」の橋渡し役でありたいと思っています。そのためには、動物や診療に関わる専門知識だけでなく、観察力や想像力、判断力、コミュニケーション力、チームワーク、思いやり、また体力や集中力なども必要になってきます。これらの力は、大学の講義や実習はもちろんのこと、学生生活全てを通して学んだと考えています。

■受験生や在校生にメッセージをお願いします

 私は、幼いころから動物が大好きでした。特に小学校3年生の時にジャック・ラッセル・テリアを飼い始めたことが大きなきっかけとなって、伴侶動物に関わる仕事をしたい、動物看護師として働きたいと思うようになり、日本獣医生命科学大学に入学しました。
 在学中は講義や実習を通して、獣医保健看護に関する様々な分野を学びます。また、日獣ならではの部活やサークル、研究室もあります。日獣に入ったら、好きなこと、興味のあること、やりたいと思ったことに積極的にチャレンジしてみてください。同じ夢を持つ仲間や、学生に熱心に寄り添ってくださる先生との出会いは、卒業後も大切な財産になります。