卒業生は今

前へ戻る

「人の福祉と動物の福祉の両方を支える仕事」

及川 友恵さん

獣医学部 獣医保健看護学科 2009年3月卒業

勤務先

公益財団法人日本盲導犬協会 神奈川訓練センター 訓練部

■現在の仕事の内容について教えて下さい

 私は公益財団法人日本盲導犬協会 神奈川訓練センターで医療担当をしています。盲導犬は多くの支援者とボランティアに支えられて育成され、育成ステージごとに飼育者が異なります。私の仕事は、主に犬飼育ボランティアや盲導犬ユーザーからの犬の健康に関する相談の対応、動物病院への同行や診療の補助などです。また、犬舎では常に数十頭の犬が飼育されており、この犬たちが元気に訓練に出かけられるように健康を管理するほか、凍結精液による人工授精技術を用いた計画的繁殖、遺伝性疾患発症率を下げるための専門科検査や研究にも携わっています。

■獣医保健看護学科で学んだことで現在の仕事に生かされていることを教えて下さい

 当時、興味の赴くままに受講した講義すべてが、今の仕事に無くてはならない知識や経験となっています。臨床分野はもちろん、今の仕事とは一見関連のなさそうな実験室内で行うラボラトリーワークや、校外・野外で作業するフィールドワークなどがある分野で得た知識なども、仕事で出会う様々なプロの方々と話す上で活きており、獣医学の裾野の広さを感じるとともに獣医保健看護領域の可能性の大きさを日々感じています。

■在学生や受験生の方達へのメッセージをお願いします

 獣医保健看護学科には、動物について真剣に考え、動物が好きな気持ちを共有する先生や仲間が集い、動物に関連する学問を多岐に渡って学べる環境があります。入学した時に明確な将来のビジョンを持てていなかったとしても、周囲の人から刺激を受けながら学びを深めていくなかで、私のようにやりたいことに巡り合うことができると思います。そんな魅力のある日獣キャンパスライフをぜひ楽しんでください。