教員からのレポート

前へ戻る

「平成27年度 獣医保健看護学科
獣医保健看護学基礎部門主催 卒業論文発表会」報告

獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門長 教授 近江 俊徳

 平成28年2月17日(水)平成27年度獣医保健看護学基礎部門主催の卒業論文発表会をE棟5階511教室にて開催しました。例年当部門主催の発表会は、獣医保健看護学基礎部門生体機能学研究分野、比較遺伝学研究分野、微生物・感染症学研究分野所属の4年次のほかに、関連の深い獣医学科の研究室に所属する獣医保健看護学科4年次も発表します。
 今年は基礎部門18演題に加え、獣医学総合教育部門(比較発達心理学研究室)、基礎獣医学部門(獣医薬理学研究室)、病態獣医学部門(獣医感染症学研究室)から4演題の計22演題の発表があり、対象はラット、マウス、ネコ、ヒツジ、ブタ、ウシそして動物や植物を介在したヒトの心理など多岐にわたり且ついずれも獣医保健看護学・獣医学領域に貢献が期待される研究内容でした。発表者は緊張しながらも自身の研究をしっかりと伝え、また会場からの質疑にも一生懸命応答し、貴重な経験となった事と思います。
 来場者は、他学科の教員や来年は自分たちの発表となる3年次、大学院生そして研究室選びの参考に聴講した2年次など総勢100名を超え、1期生から数えて8回目となる平成27年度卒論発表会は盛況のうちに無事に終了しました。

■関連ページ

学生からのレポート  卒論発表会の学生レポートはこちら。