animalラジオ局
前へ戻る

第14号:講義(座学)だけでは、つまんない!
~平成23年度武蔵野市寄付講座(動物資源科学概論)を担当して~


對馬 宣道 講師 (動物生理制御学教室)

平成23年5月23日(月)10:20。付属動物医療センターのC501教室は、動物科学科1年生94名ならびに寄付講座聴講生42名の熱気に満ち満ちていた。

私の講座のテーマは、「鶏の卵形成はどこでどのように行われるのか」というもので、実物の解剖を行ってみせた。100名を超える受講生がいることは、あらかじめ分かっていたので、教室の前に2ヵ所、うしろに3ヵ所、解剖用の鶏を用意した。産卵鶏を使っての解剖とそのスケッチで、学生や聴講生を30名ずつのグループに分けて教室内を自由に動いて見てもらったが、比較的整然と進められたように思う。そして、普段何気なく食べている卵がどのようにしてつくられているのかが、よく分かってもらえたのではないかと思う。

授業のあと聴講生からは活発な質問があり、11:50の授業終了後も学生や聴講生に取り囲まれた。このような大人数でのこうした授業は、私自身初めての試みであったが、やはり実物教育はインパクトがあるように感じた。鶏に感謝!