メニュー

体験講義・実習(獣医保健看護学科)

会場・開催時間は実習・講義によって異なりますのでタイムスケジュールをご確認ください。

体験講義「なぜ微生物学を学ぶの?
~動物感染症と動物保健衛生~ 」

講師:獣医保健看護学科 准教授 青木 博史(獣医保健看護学 基礎部門)

私達や動物は何らかの形で常に微生物と接触しています。それら微生物のうち一部が感染症を引き起こし、時として大きな健康被害をもたらします。動物感染症は減りつつも様相を変えて絶えず発生しており、取り組むべき課題も多く残されています。動物の健康を維持し、ヒトと動物の関係を良好に保ち、安全な動物保健看護を提供するには、微生物による危害を制御できる知識と技術も欠かせません。本講では、獣医保健看護学科で開講されている感染症対策に通ずる講義と実習を紹介します。

体験講義「動物と法-ニュースになるにはわけがある- 」

講師:獣医保健看護学科 准教授 牧野 ゆき(獣医保健看護学 臨床部門)

動物が法と関係があるというと、意外に感じるかもしれません。実は、私たちの日常生活や日ごろ接するニュースのなかにも、動物に関する法が隠れているのです。本講義では報道されたいろいろな事例を通して、社会における動物の存在や、動物と法の「切っても切れない関係」について考えます。動物を「法の目」から見てみませんか。

体験実習「動物とのふれあい」

講師:獣医保健看護学科 講師 百田 豊(獣医保健看護学 臨床部門)
講師:獣医保健看護学科 講師 松原 孝子(獣医保健看護学 臨床部門)

聴診器の使い方と共に、実際に獣医保健看護学科で飼育されているワンちゃんの心臓の音を聞いてみましょう。ドキドキ?グワングワン?さて、ワンちゃんの心臓の音ってどんな音でしょうか。非常に人気企画となっており、早めに行かないと、参加できないこともありますのでご注意ください。