menu menu

学生からのレポート Report

食品科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

7/25オープンキャンパスレポート

前へ戻る

2011年7月 オープンキャンパス

オープンキャンパスレポート

『大学生活へのビジョンがより明確に!』

4年 関 将一
「想像やパンフレットだけでは分からない大学生活を」

関将一

右側の男子学生が関さん

食品科学科のオープンキャンパスは入試説明会にのみならず、食べ物を口の中に入れたときの仕組みが分かる体験講義や、実際の食品や顕微鏡を使っての研究室の紹介などがあります。足を運び自分の目を通して見ることで、受験生にとって大学生活へのビジョンがより明確になることと思います。
特に学生との相談コーナーでは、食品科学科として過ごしてきた私達の4年間を踏まえ、様々なことにお答えします。例えば授業内容や実習・実験といった大学での過ごし方からサークル・アルバイトなど私生活についてなど、想像やパンフレットだけでは分からない大学生活について身近に感じることが出来ます。
今回来てくれた学生からは「どのような一日を送っているのか」「受験期はどれくらい、どのようなに勉強をしたか」「レポートや定期試験はどのような感じなのか」などが多く聞かれました。
オープンキャンパスは8月22日にも開催されます。今まさに受験勉強にカを入れている時期だと思いますが、それに拍車をかけるためにも是非一度お越しください。お待ちしております。

3年 東 良恵
「内容が少しでも受験生の役に立てばと思います」

東良恵

右端が東さん

7月25日に開催されたオープンキャンパスで、食品科学科の学生として、高校生と面談しました。会場のアリーナには各学科の先生方がおられ、初めて経験することなので、その様子に緊張しましたが、オープンキャンパスが始まると各面談コーナーのなごやかな様子から緊張がほぐれました。
来られた高校生は、私達に聞きたいことを事前ノートに書いて考えて来ている方もいて、みなさん熱心で食品科学科のカリキュラムに対する質問と、これからの受験に対する質問を多く受けました。つたない回答だったと思いますが、内容が少しでも受験生の役に立てばと思います。
8月22日は2回目のオープンキャンパスが開催されます。多くの方の御来場をお待ちいたしております。