獣医学部タイトル
獣医学科(療)領域の知と技を練磨し人間愛・動物愛あふれる人材の排出を考える

獣医学部とは

都会に位置する本学の地域的特性を踏まえた、特色ある獣医学(療)の実践的教育を展 開し、獣医療域における対象動物と疾病の多様化や先端技術の進展による技術の高度 化、食用産業動物の防疫、保健、食用としての安全確保、さらには国際社会の進展に伴 う感染症の予防の重要性等に鑑みて、社会の要請に答え得るべく獣医学部の獣医学科 および獣医保健看護学科が横断的に連携しつつ充実を図っている。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

獣医学部は、獣医学科と獣医保健看護学科で構成されている。 獣医学科は、動物の医療と人の公衆衛生に必須な獣医学と獣医療に関する学理を教育・研
究・臨床を実践し、併せて人格を陶冶する。
獣医保健看護学科は、動物の保健看護及び人の公衆衛生に必須な学理と技術を教育・研
究・臨床を実践し、併せて陶冶する。
同時に、人類と動物の共生と福祉、地球環境の保全に貢献する資質豊かな獣医療人の育成
を目指す。
獣医学部は、つぎのような人材を求めている。

  • (1)生命倫理を尊重し、動物愛護を行動規範とする人
  • (2)幅広い視野を持ち、より深く学ぶための基礎的能力を有する人
  • (3)協調性を備え、人間性豊かな人
  • (4)地域社会に貢献し、国際社会に雄飛する気概のある人
  • (5)地域社会や国際社会に強い意志を持って貢献できる人

獣医学部の将来展望

獣医学(療)に関わる説明責任能力、自己達成度を評価できる能力、生命倫理・動物愛 護・福祉に関する自覚と実行する能力、国際的な感覚と素養の能力等を有する人間性豊 かな人材を養成し、社会の進歩に貢献したい。