教職課程

前へ戻る

本学では卒業後、中学校、高等学校の教員を志願する方のために、文部科学大臣の認定を受けて「教育職員免許状授与の資格を得させるための課程」(以下「教職課程」という。)が設けられています。教員免許状を取得するためには、卒業に必要な単位のほかに「教職及び教科に関する科目」の履修、その他の条件が必要です。これらの条件を満たすためには入学初年度から計画をたて、所定科目を履修しなければなりません。

■取得できる教員免許状の種類及び教科

学科\免許状の種類 中学校一種 高等学校一種 高等学校一種
獣医学科 理科 理科 農業
獣医保健看護学科 理科 理科
動物科学科 理科 理科 農業
食品科学科 理科 理科 農業

■必要単位数、基礎資格

免許状の種類 中学校一種 中学校一種・
高等学校一種
高等学校一種 高等学校一種
教科 理科 理科 理科 農業
基礎資格 学士の学位を有すること
教職及び教科に関する科目 63単位 71単位 61単位 59単位
その他科目 日本国憲法2単位
体育2単位
情報機器の操作2単位
外国語コミュニケーション2単位

注:( )内の単位は獣医保健看護学科における必要単位

1.教員の養成の目的及び当該目標を達成するための計画

  1. (1)教員養成の目的
    • 教育者にふさわしい豊かな人間性を備え、現代的教育課題に対し、広い視野に立って積極的に取り組む、創造力と実践力を備えた人材を養成し、中等教育の学校に有為な教員を送り出すことを目的とします。
  2. (2)当該目標を達成するための計画
    • 生命科学の先端を担う大学として、専門知識と実践能力を等しく修得し、教員に求められる能力を獲得できるカリキュラムを整備します。

2.教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目

  1. (1)教員の養成に係る組織
  2. (2)教職課程担当専任教員
    • 獣医学部
      獣医学科
      教授
       博士(文学)
    • 応用生命科学部
      動物科学科
      准教授
       修士(文学)

3.教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

  1. シラバス

4.卒業者の教員免許状の取得の状況(過去3年間)

■平成30年度

学科 中一種
理科
高一種
理科
高一種
農業
授与合計 取得人数
獣医学科 0 0 0 0 0
獣医保健看護学科 3 3 0 6 3
動物科学科 1 1 1 3 2
食品科学科 2 2 0 4 2
合計 6 6 1 13 7

■平成29年度

学科 中一種
理科
高一種
理科
高一種
農業
授与合計 取得人数
獣医学科 1 1 0 2 1
獣医保健看護学科 1 1 0 2 1
動物科学科 3 3 3 9 6
食品科学科 5 5 2 12 7
合計 10 10 5 25 15

■平成28年度

学科 中一種
理科
高一種
理科
高一種
農業
授与合計 取得人数
獣医学科 1 1 0 2 1
獣医保健看護学科 5 5 0 10 5
動物科学科 4 4 0 8 4
食品科学科 3 3 3 9 6
合計 13 13 3 29 16

5.卒業者の教員への就職の状況(過去3年間)

教科 平成28年度 平成29年度 平成30年度
中一種・高一種理科 4 3 0
高一種農業 1 0 0
その他
1

6.教員の養成に係る教員の質の向上に係る取組

  1. (1)教員養成に関わる研究会・学会への参加を奨励しています。
  2. (2)教職委員会組織等を活用し、指導法や履修学生に関する情報交換を計っています。
  3. (3)大学全体で高大連携の強化に取り組んでおり、学校現場の状況を的確に把握するよう努めています。