menu menu

中長期計画「ニチジュウミライ図」

日本獣医生命科学大学

中長期計画 ニチジュウミライ図2016-2031

 本学を取り巻く環境は、少子高齢化、知識基盤社会・グローバル化の進展、大学行政の規制緩和、そして国家戦略特区による獣医学部の新設などにより、より一層厳しくなるものと予想されます。このような大学を取り巻く状況の中で、明治14(1881)年開学の歴史ある大学として持続的に発展し、社会に支持される大学であり続けるためには、教育研究の質の保証・向上を図り、大学の改革・改善を不断の取り組みとする必要があります。大学が改革・改善の取り組みを行うためには、その設計図といえる「グランドデザイン」が必要であり、ミッションとビジョンを具体化するための施策として「中期事業計画」の策定が必須となります。
 この取り組みは、創立150周年を見据え、大学の基幹となる「建学の精神」「理念」「使命・目的」を再確認し、ミッション・ステートメントを策定するとともに、15年後の本学の将来像(ビジョン)とそれを実現するための重点施策、及び中期事業計画(アクションプラン)を策定するものです。また、本学は他大学に比べ、学生に対応する教職員数が多く、学生同士、教職員との距離が近いという学生にとって大きなアドバンテージがあります。学生を均一化せず、その多様性を認め、個性を生かし伸ばすことを特徴とした大学としてさらなる変革を目指し、「多様性を理解し、個を磨く大学」の実現に向けた指針とします。

ミッション・ステートメント

Connect with the Future

~ 動物と人をつなぎ、都市と地方をつなぐ、

獣医・生命科学の情報発信拠点 ~

プロジェクトマーク

原案者と学長(当時)

このプロジェクトマークは、人と動物がつながり、架け橋を渡るイメージとなっています。
原案は、教員と学生が一緒に作成した作品です。
学生や教職員から寄せられた応募作品の中から、学生及び教職員による投票により、決定しました。

ビジョン 15年後の将来像

アクションプラン 5年後までの行動計画

● 「教育」でつなぐミライ

(1) 「学生満足度の高い大学」につながる教育を実地します。

  • 入学時のスタートダッシュをサポートし、個人のレベルに合った最適な学修方法を提案します
  • 主体的・協働的な学びを推進し、個を活かす教育を実践します

(2) 武蔵野から世界へ、 獣医生命科学のトップリーダーを育成します

  • 専門性を生かした就職に強い大学を目指します

(3) 都市型大学としての特色ある教育システムを創出します

  • 日本・世界の消費ニーズを敏感に感じる環境を整備します

● 「研究」でつなぐミライ

(1) 世界をリードする「 食・環境・生命(One health)」研究を行います

  • 戦略的競争資金の獲得に努めます
  • 研究成果を発信します
  • 部局横断型プロジェクト研究を遂行します

(2) オリジナルの獣医畜産研究を発信します

  • 動物医療センター症例の日獣オリジナルデータバンクを構築します

(3) 研究成果の評価システムを確立します

  • 研究成果を評価します

(4) 効率的に研究ができる大学にします

  • 業務の効率化を図ります

● 「学生支援」でつなぐミライ

(1) 学修環境と面倒見の良い大学にします

  • 学習環境を改善します
  • 休学、留年、退学率を低下させます

(2) アットホームな環境で学生の未来を支援できる輪を持つ大学にします

  • 個を活かす教育を行います
  • つまずきを乗り越えるためのサポートを提供します

● 「動物医療センター」でつなぐミライ

(1) 動物医療センターの臨床教育を充実させます

  • 産業動物の診療部門を設立します

(2) 動物医療センターの動物医療体制を充実させ、財政に貢献します

  • 動物医療センターの増改築を行います
  • 電子カルテを導入します

(3) 動物医療センターの臨床研究を充実させます

  • インセンティブを導入します

● 「管理運営」でつなぐミライ

(1) 大学関係者が愛と誇りを持てる大学にします

  • 安全で快適に過ごせるキャンパスの整備をします

(2) 個が評価される喜びに満ちた大学にします

  • 業務バックアップ体制を確立します
  • 任期教員制度を見直します

(3) 社会のニーズに応える多様な人材を育成する大学にします

  • ボランティア人材を育成します

(4) 健康に生き生きと学べる大学にします

  • 運動環境を整備します

(5) 財政基盤を確立し、強いコンプライアンス危機管理体制を構築します

  • 獣医療関連業務との連携や生命科学の専門を生かした新たな事業を展開します

● 「社会貢献・産官学連携」でつなぐミライ

(1) 動物に関する多様な社会貢献活動を推進します

  • 野生動物管理の地域支援を実施します

(2) ニチジュウブランドの確立と情報発信を通じた「誰もが来てみたくなる大学」にします

  • ニチジュウブランドの確立に向けて取り組みます

(3) 社会・企業とより深くつながるユニークな教育研究を推進します

  • 学内の共通・連携研究プロジェクトを立ち上げます

(4) 社会貢献・産官学連携に取り組める体制をつくります

  • 社会貢献活動の一元的な窓口を設けます