応用生命科学部タイトル
2学科の専門的知見を融合し、相乗効果を活かした教育・研究成果を挙げていきたい

 応用生命科学とは、生物が持つ多様性を理解し、自然との共生を保ちながら、私たちの生活を豊かにしていくための学問です。
 応用生命科学部は、動物科学科と食品科学科の2学科で構成されています。動物科学科では、人間と産業動物・食料との関係を多角的に追求します。食品科学科では、「人々の生活や心を豊かにする」という観点から食品の安全性、おいしさ、機能性などについて学びます。
 両学科では、数年前から「専門色の強い科目を増やす」「実習の充実」を主眼とした新カリキュラムを導入しています。現代は、気候変動による生態系への影響、食料問題、エネルギー資源問題など、地球規模で考え、解決していかなければならない課題が山積しています。こうした課題に対応するためには、専門的知識の修得と同時に、身につけた知識を実践につなげる行動力が不可欠となります。
 もうひとつ、大切なのがコミュニケーションです。従来、食品科学科の研究室・実習室は第二校舎にありましたが、2014年に「E 棟」に集約されたことで、動物科学科と食品科学科の一体感が強まりました。今後は、学科間のコミュニケーションをさらに深めることで、動物科学科の強みである生命科学と、食品科学科の強みである化学の専門的知見を融合し、ユニークな研究を生み出すなど、相乗効果を活かした教育・研究成果を挙げていきたいと考えています。

理念・目的

アドミッションポリシー 等