ニュース
前へ戻る

『2016動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”』参加レポート

 平成28年11月12日(土)、福岡県北九州市小倉北区にある西日本総合展示場及びあさの汐風公園において、公益社団法人日本獣医師会主催『2016動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”』が開催されました。
 今年も、「- 動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い。-」をテーマに、協賛後援企業・団体、本学を含む国公私立獣医系大学等によるステージ企画およびブース展示、動物とのふれあい、はたらく動物たち(補助犬、災害救助犬、警察犬等)のデモンストレーション、一日獣医師体験、動物にまつわる有名人トークショー、獣医学生コーナー、獣医師による家庭動物の飼育相談、地方獣医師会による展示等が催され、一般市民、小・中・高校生、獣医系大学および動物看護職養成機関在学生、獣医療関係者(獣医師・動物看護師等)、動物関連業界関係者などたくさんの方々の来場がありました。
 本学からは、新井大学院獣医生命科学研究科長、左向獣医保健看護学科長 、 高橋入試広報副センター長が参加し、ブースにて大学案内やキャンパスグッズの配布や大学概要説明を行い大変好評となりました。本学ブースまで足を運んでくださった皆様には厚く御礼申し上げます。

藏内 勇夫 公益社団法人 日本獣医師会会長(本学名誉博士)の開会挨拶

本学ブースにて(左から左向獣医保健看護学科長、高橋入試広報副センター長、 新井大学院獣医生命科学研究科長)