ブログカテゴリーイメージ
前へ戻る

第162号:獣医学科5年次大動物臨床実習を終えて

山田 裕 (臨床獣医学部門 治療学分野II 特任教授)

2016/07/07 更新
 去る平成28年6月20日から24日に富士アニマルファームにおいて獣医学科5年次の大動物臨床実習が実施されました。この実習は、昨年度まで旧カリキュラムの「獣医総合実習」(複合科目)の一部として実施されてきましたが、今年度からは、新カリキュラムの「大動物臨床実習」(単独科目)として分離独立し、我が産業動物臨床学研究室が中心となって実施することになりました。
 当研究室が実習を担当するのは初めてのことで、不慣れな事もあり苦労もありましたが、何とか無事実習を終えることができました。これも偏に、獣医内科学研究室、獣医外科学研究室、獣医臨床繁殖学研究室の諸先生方および吉村牧場長をはじめとする付属牧場スタッフの皆様ならびに事務職員の皆様方の多大なご協力の賜物と、心より感謝しております。
 参加学生達もタイトなスケジュールの中、実習プログラムを手際よくこなしていました。3日間という短い期間ではありましたが、これから実施される共済実習に向け、いい予行演習にもなったのではないかと思っております。来年度はこの経験を活かし更に実りある実習にしていきたいと思っております。