menu menu

教員からのレポート Report

動物科学科MENU
日本獣医生命科学大学
吉田達行

オープンキャンパスにおける体験講義・実習を終えて

吉田 達行 講師(動物遺伝育種学教室)

7月18日(日)の梅雨明け直後の急激な気温上昇の猛暑の中、本学オープンキャンパス、ことに動物科学科の体験講義実習、研究室説明に参加して頂いた高校生、ご父兄の皆様方に感謝いたします。
私は午後12時30分から「牛乳の検査をしてみよう」ということで体験実習を担当しました。当日は市販されている乳飲料、牛乳のパッケージの成分表示の解説を行い、続いて酪農家で乳牛の横で直ぐに検査できる乳房炎簡易検査の意義を解説した後、実際に高校生の皆さんに本学富士アニマルファームの乳牛から採取した牛乳サンプルについて、試薬と牛乳を混合して凝集の有無からの判定を行って頂きました。
限られた時間の中で体験実習を滞りなく進められるようにと考えるあまり、前半の牛乳、乳製品などについての解説が中途半端に終わり、参加して頂いた皆さんに十分理解していただけ無かったのではと反省しています。動物科学科で学ぶ内容として多少なりとも理解して頂ければ幸いです。