動物科学科 教員からのメッセージ
前へ戻る
「新入生オリエンテーション」に行ってきました!


「新入生オリエンテーション」に行ってきました!

1年次担任 鴇﨑 敏彦 講師(英語学教室)

 動物科学科では、平成25年4月18日(木)から19日(金)にかけて、1泊2日で「新入生オリエンテーション」が実施されました。
 初日の朝は、在籍者100名全員そろって大学を出発。気持ちの良いスタートとなりました。集合時間の約1時間前に大学に着いていた学生が数名いたことに、担任の私もびっくり!新入生のこの行事にかける意気込みが感じられました。
 午前中に「静岡県畜産技術研究所」を訪れ、場内を見学した後、宿泊先である本学の施設「牧心セミナーハウス」に定刻に到着。雲一つない絶景の富士山が我々を迎えてくれました。昼食後、大研修室に集合し、学長の池本卯典先生から「何でもいいから、このメンバーの中で自分が一番だと言えるものを身に付けて欲しい」とのお言葉を頂きました。「大学教員として私が目指す一番は何だろう…」と思わず自問してしまいました。その後のレクリエーションでは、豪華(?)賞品が出ることもあって、皆で大いに盛り上がりました。ゲーム・マスター(濵部教授)、楽しい企画をありがとうございました!
 その後、付属牧場の「富士アニマルファーム」に移動し、班ごとに場内を見学。入浴を済ませ、再び大研修室に集合し、本学科の教員・研究室の紹介を行いました。私は1年次担任として、「好奇心と向上心を持って大学生活を送って欲しい」と新入生に伝えました。そして、いよいよ待ちに待った懇親会。立食形式のパーティーで、美味しい料理に話も弾みました。毎年恒例の自己紹介コーナーでは、マイブームを披露したり、ものまねが飛び出したりと、皆さん、これで、お互いの距離がぐっと縮まったようでした。
 2日目のスタートは任意参加の搾乳見学。早朝の4:15に集合というハードスケジュールにもかかわらず、何と、ちょうど半数の50名の学生が参加!う〜ん、今年の新入生は好奇心旺盛で積極的!今後が楽しみ、楽しみ…
 朝食後、宿舎を後にし、「富士サファリパーク」を訪問。バスに乗って場内を見学した後、実際に現場で活躍されている獣医師の方から「野生動物保護と動物園の役割」というタイトルでお話を伺いました。講演後の質疑応答では、積極的に質問が飛び交っていました。う~ん、頼もしい、頼もしい…これからの皆さんの成長が更に楽しみになった瞬間でした。
 そんなこんなで、あっという間に終わってしまった「新入生オリエンテーション」。この行事が、新入生100名の皆さんがお互いに打ち解けあい、理解し合うきっかけとなってくれたら、担任としてこんなに嬉しいことはありません。時には良き仲間として、そして、時には良きライバルとして、皆さんが切磋琢磨しながら学問の道を追求していってくれることを切に願っています。

■関連ページ

    
学生からのレポート  新入生オリエンテーション学生からのレポートはこちら
Photo Album2013年度オリエンテーションの様子をPhoto Albumでチェック!