大学院タイトル
「獣医療・生命科学探求のスペシャリストをめざして」 獣医生命科学研究科長 新井 敏郎(獣医学科 基礎獣医学部門 形態機能学分野 教授)

獣医生命科学研究科の概要

大学院獣医生命科学研究科は、獣医学専攻(博士課程)、獣医保健看護学専攻(博士前期・後期課程)および応用生命科学専攻(博士前期・後期課程)の3専攻が設置されています。
獣医学専攻では、動物の正常な形態と機能、ならびに疾病に罹患した動物の病態とその治療、予防について、群レベル、個体レベル、細胞レベル、および分子レベルなど様々なレベルから、総合的かつ高度な教育と研究を行っています。専門分野として、「基礎獣医学第Ⅰ」、「基礎獣医学第Ⅱ」、「臨床獣医学」、「応用獣医学」の4分野が設置されています。
獣医保健看護学専攻では、動物の保健および検査技術教育の基盤となる基礎科学教育に焦点を当てた看護教育を行うため、「動物感染症」、「野生動物医学」、「分子遺伝学」、「公衆衛生学」、「動物微生物学」、「動物生態学」などの教育と研究を行う基礎獣医保健看護学分野、ならびに動物看護や予防獣医学の専門知識と技術を修得するため、「実践動物看護学」、「動物看護代謝学」、「動物看護病態学」、「臨床検査学」、「動物行動学」などの教育と研究を行う臨床獣医保健看護学分野の2専門分野が設置されています。また、博士後期課程では、先端獣医保健看護学分野の中に「動物生体機構学」、「動物環境科学」、「実践動物看護学」、「動物保健看護システム学」の研究指導教授が配置されています。
応用生命科学専攻では、博士前期課程においては動物資源の確保と探索および生産機能の効率化ならびに高品質の食品を生産するための分析と加工・貯蔵技術の開発、さらに人と動物との共生社会システムに関する教育・研究を目的とし、「細胞機能科学」、「生命共生社会システム学」、「動物資源生産科学」、「食品基礎科学」、「食品機能開発学」の5専門分野が設置されています。また、博士後期課程では、応用生命科学分野の中に、「動物資源生産科学」、「動物機能学」、「食品機能開発学」、「応用食品化学」、「生命共生社会システム学」の研究指導教授が配置されています。
また、現在日本医科大学大学院、明治薬科大学大学院との間で連携大学院に関する協定を締結しています。本学大学院の学生はこれらの大学院でも研究を推進することができるようになっています。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

大学院獣医生命科学研究科の教育理念及び目的達成のために、本学大学院では、獣医学、獣医保健看護学、生命科学領域における急激な技術革新、研究水準の向上に対する社会的要請度の高まりに対応できる優秀なスペシャリストを世に輩出して社会に貢献することを目的として、次のような学生を内外から求めています。

  • (1)獣医学、獣医保健看護学、生命科学を追究する目的意識が明確で、自ら問題点を見出すことができる人
  • (2)研究に対する意識が旺盛で、科学の進歩と発展に貢献する意欲の高い人
  • (3)生命倫理を尊重し、知性と科学的論理性を備えた人
  • (4)国際的な人々との対話に必要な外国語能力と情報科学に秀でた人
  • (5)他者との調和を重んじ、コミュニケーションをはかることができる人

獣医生命科学研究科の将来構想

すべての学部学科に大学院が設置され、動物の形態・機能・生態、生産、疾病とその治療・予防、動物看護、生産物利用、人と動物の共生社会システムに関する総合的な教育・研究システムにより、広い視野からの生命科学・技術の発展に貢献していきます。