ブログカテゴリーイメージ
前へ戻る

第140号:羊毛刈り体験・羊毛クラフト教室を無事開催することができました

富士河口湖町富士ヶ嶺
(緬羊毛刈り)若月 健一
(羊毛クラフト)若月 愛美

2015/07/31 更新
この度、貴大学の大切な緬羊をお借りし、羊毛刈り体験及び羊毛クラフト教室を無事開催することができました。これも、吉村先生を始め、関係される職員の皆様のお陰と心より感謝申し上げます。今回、NPO法人 富士吉田総合型地域スポーツクラブよりこの教室の依頼がありましたのも、昨年、富士河口湖町役場生涯学習課での教室開催の成功から、広がったものです。本当にありがとうございました。
今回の教室の目的は「見る・ふれる・感じる」を基に緬羊という命から、羊毛をいただき、物が形作られていくことを体験してもらうことでした。子どもたちは、毛刈り体験で、こわごわ緬羊にふれながらも、興味津々でした。

「あれ?お尻に何かついいている!」

「それは、しっぽだよ」
と伝えると、

「羊ってしっぽがあるんだ!」
と驚きの声がありがりました。

また、毛刈りを終えた後、羊毛を広げるとその大きさにも歓声があがり、羊毛にふれたときには「綿菓子みたい」など、それぞれ何かを感じとっていただけたようでした。
その後、毛刈りしたての羊毛をそのまま使用して作品づくりを行いました。だんだん汚れが落ちていき、羊毛が、フエルト化していくのをとても面白く感じていただけたようで、たくさんの子どもたちが自分の作品を見せに来てくれました。羊の制作をしたのですが、きちんと、しっぽがついていて、子どもたちの心にこの体験が生きたのではないかと嬉しく思いました。
今回、このような充実した教室が開けましたのも、長年、私たちの願いや想いを温かく見守り、常々支えてくださっている、吉村先生、緬羊専任の栗田さん、牧場職員の皆様のおかげです。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。