menu menu

学生からのレポート Report

動物科学科MENU
日本獣医生命科学大学
平成26年度動物科学科卒業論文発表会に参加して

平成26年度動物科学科卒業論文発表会に参加して

「多くの人に支えられ」
4年次 越後 志保(食料自然共生経済学教室)

 2月16日、2014年度動物科学科の卒業論文発表会が行われました。私は先生方の指導のもと、千葉県における酪農教育ファーム認証牧場の現状と今後の課題について研究しました。私は社会科学の研究室に所属しており、資料集め、調査内容の作成、現地に出向いてのヒアリング調査を行ったことで、これまで以上に酪農の魅力、重要性を肌で感じる事が出来ました。このように1年間かけ取り組んだ研究内容を、わずか7分間のスライド発表にまとめるのは思った以上に難しかったです。何度もスライドを直し、練習した結果、当日は無事に終えることが出来ました。講演が終わり、安心した反面これで大学生活も終わるとの寂寥感もありました。こうして無事卒業論文と発表を終えられたのも、先生方、調査にご協力頂いた酪農家の皆様、同期や後輩の支えがあったからだと感じています。今後は感謝の気持ちを忘れずに、社会人として歩んでいきたいと考えています。

「卒業論文発表会に参加して」
3年次 林 紗希(動物生殖学教室)

 2月16日に開催された動物科学科の卒論発表会に参加しました。興味のある研究室の発表だけを聴いた去年と比べ、今回は1日を通して動物科学科全体の研究発表を聴き、他の教室の研究内容も具体的に知ることができました。先輩方の発表は1年を通して聴いてきたのですが、本番ではさらに磨きがかかり、熱が籠った発表の姿はこれまで見てきた中で一番格好良く、私もこうなりたいと強く思いました。あと1年で自分が壇上で発表できるのだろうかと不安も募りますが、後輩の心に残るような発表がしたいと思い、今まで以上に真摯に卒論と向き合おうと決めました。モチベーションを上げることができた発表会に参加でき、心から良かったと思います。