menu menu

ニュース news

日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学
前へ戻る

令和2年度新入生 授業開始日、ガイダンス等日程について

令和2年4月3日

新入生の皆様

日本獣医生命科学大学

令和2年度新入生 授業開始、ガイダンス等の変更について

 新型コロナウイルス感染症の東京都内における感染拡大の影響を踏まえ、令和2年度の前期授業開始を5月4日(月)以降に繰り下げます。
予定していた「英語共通テスト」は延期とし、「オリエンテーション」「ガイダンス」については、大学に登録されている自宅住所への資料郵送に変更します。

また、授業開始日の5月4日(月)以降(*4月21日(火)から授業開始日までの予習課題を含む)、一部科目で学修支援システム等による遠隔授業を実施します。
遠隔授業の実施の詳細については、4月20日(月)を目途に、大学ポータルでお知らせします。

【変更後の日程】

  • 4月10日(金)前期カリキュラムガイダンス資料送付
  • 4月13日(月)履修登録開始
  • 4月20日(月)遠隔授業の実施の詳細通知(大学ポータル)
  • 5月4日(月) 以降 前期授業開始

前期授業は、祝祭日を通常授業日とし、8月8日(土)までを予定しています。(定期試験を含む)

4月10日(金)以降の一部連絡は、大学ポータルより行います。大学ポータルの使い方は、カリキュラムガイダンス資料とともに送付しますので、必ず確認をしてください。

また、東京都内における新型コロナウイルス感染症の状況により、更に授業開始日を繰り下げる可能性があります。更に変更する場合には、大学ホームページでお知らせします。

【海外渡航に関する注意事項】

本学では、現在、学生の海外渡航を禁止しています。
また、外国から帰国した場合、帰国後14日間を自宅待機とし、体調管理に努めることとしています。
帰国後14日間は、登校できませんので注意してください。

【風邪症状がある場合】

〇毎朝検温し、37.5℃以上の発熱、喉の痛み、倦怠感などのいずれかの症状があった場合には、登校せず保健センター(0422-31-4151)に連絡してください。
〇風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上継続、あるいは、強いだるさ、息苦しさがみられる場合は、保健所に開設されている「帰国者・接触者相談センター」に電話相談し、その指示に従ってください。

「帰国者・接触者相談センター」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

【新型コロナウイルス感染症と診断された場合】

〇新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、登校せず保健センター(0422-31-4151)に連絡してください。新型コロナウイルス感染症は、学校保健安全法に定める第一種感染症です。感染している場合は、医師に治癒したと診断されるまで「出席停止」とします。

【感染者と濃厚接触した場合】

〇感染者と濃厚接触した場合も、登校せず、保健センターに連絡してください。この場合は、感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間を基準として「出席停止」とします。
〇この間、症状が出現した場合は、すみやかに「帰国者・接触者相談センター」に電話相談の上、指示に従うとともに、医療機関の受診結果等を保健センター(0422-31-4151)に報告してください。

【出席停止の扱い】

〇出席停止により、授業を欠席した学生が不利益とならないよう、所定の手続きにより配慮することとしています。

【問い合わせ】

〇感染に関すること、授業に関すること
日本獣医生命科学大学 保健センター/学生支援課/教務課 0422-31-4151(代表)