ニュース
前へ戻る

学長所信表明・紫雲賞授与・梅野信吉賞授与並びに採用教職員の紹介を行いました

 4月11日(木)に、 新年度を迎え教職員が一同に会し、学長所信表明・紫雲賞授与・梅野信吉賞授与並びに採用教職員の紹介を行いました。

 本学の学生の教育並びにその推進に優れた貢献をした教員および団体に贈られる「紫雲賞」(日本獣医生命科学大学同窓会の協賛事業)並びに若手研究者の奨励を目的とし、顕著な研究業績を挙げ本学の栄誉に貢献した教員に贈られる「梅野信吉賞」(日本獣医生命科学大学後援会の協賛事業)の表彰式を行い、阿久澤良造学長より、各受賞者に対し賞状と副賞が授与されました。

【平成30年度紫雲賞】
ベストティーチャー賞
(授業評価アンケート結果に基づく
 FD委員会の推薦)
  江草 愛
 (応用生命科学部 食品科学科 講師)

アクティブティーチャー賞
(学修支援システム活用推進に基づく
 FD委員会の推薦)
  青木 博史
 (獣医学部 獣医保健看護学科 准教授)

【平成30年度梅野信吉賞】
  山本 俊昭
 (獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学応用部門 准教授)
  「親子関係に着目した野生動物の成長、分散および成熟に関する研究」

 また、新年度を迎え教職員に対して、阿久澤学長が所信表明を行いました。中長期計画のゴールである2031(令和13)年の創立150周年に向け、2019年度は「つなぐ「誇り」と「力の結集」による着実なる実績の積み上げ」を基本方針とし、全学が一丸となって重点事項の実施を推進していくと説明がありました。

 そして最後に、新たに本学の一員として加わった教職員の紹介があり、閉会となりました。

 「ニチジュウ愛」を胸に教職員一丸となり、様々な課題を解決し、「動物と人をつなぎ、都市と地方をつなぐ、獣医・生命科学の情報発信拠点 ~」を目指していきたいと思います。

(学長室・企画調査課)

<関連ページ>