menu menu

ニュース news

日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学
前へ戻る

【プレスリリース】 日本獣医生命科学大学が聖徳学園中学・高等学校と合同研修会を実施 — 「社会で求められる力」を題材に、教職員が交流

 日本獣医生命科学大学と聖徳学園中学・高等学校を擁する学校法人聖徳学園は、2019年9月に連携事業に関する協定を締結しました。同協定は、ともに東京都武蔵野市境南町を拠点とする両校が、隣接する立地を活かして相互の教育分野や社会・地域への貢献に係る連携・交流を通じて、互いの教育機会の提供や学習意欲を高め、各校の充実、活性化を図るとともに、地域に貢献することを目的としています。

 この協定に基づき、10月16日に第2回合同研修会を行いました。今回は聖徳学園中学・高等学校を会場とし、新型コロナウイルスへの感染対策を十分に行った上で、両校合わせて19名の教職員が参加しました。「社会に求められる力をはぐくむには~大学・高校の観点から~」をテーマに、聖徳学園中学・高等学校の伊藤正徳校長と同大のIR担当専従職員が発表を行いました。

 伊藤校長は「社会で求められる力とSTEAM教育」、IR担当専従職員は「データで読み解くニチジュウ~社会の求められる力~」と題して、社会で求められる4つの力「問題解決力」「継続的な学習力」「主体性」「チームワーク力」について講演を行いました。社会に出る前の学生はその力の性質を認識し、自身に身についているか認識できているか、入学してくる学生の実態や、大学の授業でどのような力を身につけているのか、大学と高等学校における実態等について考える機会となりました。
 その後、高大連携を図るため、同大の入学試験制度について説明が行われ、第2回合同研修会は終了しました。

▲両校合わせて19名の教職員が参加しました。

▲聖徳学園中学・高等学校からは伊藤校長が発表を行いました。

▲本学IR担当専従職員が発表を行いました。

▲最後に、本学の入学試験制度についても説明がありました。

■関連記事
【プレスリリース】学校法人聖徳学園と連携事業に関する協定を締結、合同研修を実施 ~隣接する立地を生かし、教員の相互派遣や地域貢献等で交流~