卒業生は今

前へ戻る

「競馬開催を通じて畜産や馬事文化の発展に貢献する」

立花 菫さん

獣医学部 獣医保健看護学科 2018年3月卒業

勤務先

日本中央競馬会(JRA)
馬事部馬事振興室オリンピック・パラリンピック対策課

■現在の仕事の内容について教えて下さい

 私は大学卒業後、日本中央競馬会(以下JRA)に事務職として入会し、現在は馬事部馬事振興室オリンピック・パラリンピック対策課という部署で働いています。平日はこの部署で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の馬術競技についての様々な調整や、馬や馬術の魅力を伝える仕事を担当しています。また、土日の競馬開催日は、競馬場やウインズ内の投票所でスタッフの労務管理や、投票所内の現金管理などに従事しています。このようにJRAでの働き方は、平日と土日で2つの仕事に携われることが特徴です。

■獣医保健看護学科で学んだことで現在の仕事との繋がりを教えてください

 昔から動物が大好きで、動物に関わる職業に就きたいと考えていたので、小動物から野生動物まで、幅広く学べる獣医保健看護学科に魅力を感じ、入学しました。入学後に、牧場実習で乗馬体験をしたことや動物介在療法論で馬を用いた介在療法を学んだこと等がきっかけで、動物の中でも特に馬に興味を持つようになり、在学中には競馬場によく足を運びました。「競馬」というとギャンブルのイメージが強いですが、芝の上を力強く走るサラブレッドの姿は本当に美しく、魅了されたのを覚えています。これらの経験や在学中に学んだことが現職に就いたきっかけになりました。
現在は、直接的に馬に接する仕事ではありませんが、競馬開催を通して畜産振興や社会福祉に貢献している、というところにやりがいを感じています。

■在学生や受験生の方達へのメッセージをお願いします

 獣医保健看護学科では、学科名に入っている看護学だけではなく、動物や獣医療に関する様々な分野を学ぶことができるので、興味が持てる分野があると思います。なりたい職業が決まっている人は、それに合った分野を極めることができますし、そうでない人は、色んなことに興味を持って飛び込んでみてもいいかもしれません。自分と同じ動物好きの仲間に出会え、先生方も優しくサポートしてくださるので、思いっきりキャンパスライフを楽しんでください!