教員からのレポート Report

獣医保健看護学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

教員からのレポート

前へ戻る

獣医保健看護学科 新入生オリエンテーションを開催しました!

1年次担任 山本昌美 小田民美 

  令和2(2020)年度 日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科に入学された100名の新入生の皆さん、ご入学、誠におめでとうございます。学科教員一同、心よりお祝い申し上げます。本年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、新入生ならびにご家族の皆さまが心待ちにしていた入学式の中止を余儀なくされました。本学としまして苦渋の決断ではありましたが、皆さまの安全確保と感染拡大防止のため、獣医療関連技術者を育てる大学、学科としての判断に、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。
 入学式予定日より2ヶ月以上遅れてしまいましたが、6月19日に獣医保健看護学科 新入生オリエンテーションをE棟111大講義室で開催致しました。開催にあたっては、感染症対策(間隔を空けた座席配置、換気、マスク着用の徹底、消毒用アルコールの設置等)に万全を期し、また、不安がある場合は新入生・保護者の方々がwebからも参加できるよう、リアルタイムでオンライン配信も行いました。

 当日は新入生のうち87名が大学キャンパスに、また残りの13名もwebで参加し、無事に獣医保健看護学科新入生100名全員を迎えることができました。はじめに新入生のお名前を一人一人読み上げる新入生紹介を担任の山本・小田が行い、清水学長からご祝辞、そして近江学科長からご挨拶をいただきました。これまでオンライン上で毎週実施してきた担任からの新入生ガイダンスで、皆さんとはモニター越しにお話しをしてきましたが、今回実際に顔を合わせることができ胸に熱く込み上げてくるものがありました。互いの距離がとれるように設定された会場に緊張して着席した新入生の表情の中に、大学生になった実感と安堵感が、マスク越しながら垣間見えたように思います。

▲清水学長からのご祝辞

▲獣医保健看護学科長 近江教授からのご祝辞

 学科専任教員の自己紹介では、先生方のキャラクターや専門分野が分かるスライドとともに、担当科目の紹介と新入生へのお祝いメッセージを。遠隔授業でどんな人?と想像していたイメージは、直接会ってみていかがでしたでしょうか。二部形式でおこなったオリエンテーション。二部では、少しリラックスして具体的な説明をおこないました。本学同窓会と後援会から入学記念品が各学生に贈られ、後援会からのお祝いである本学ロゴマーク入りの白衣のサイズ確認を、試着の代わりに教員の着用姿で確認してもらった場面も。最後に新入生みなさんから集めた笑顔の写真を一同に並べたクラス写真スライドを上映し、大学からのエールを送りました。

▲獣医保健看護学科教員紹介の様子①

▲獣医保健看護学科教員紹介の様子②

▲後援会からのお祝い品「白衣」のサイズ確認のため、
教員がモデルをしている様子

 翌週からは感染症対策を十分に行いながら、週に1回対面での講義が始まりました。獣医保健看護学科ではオンライン講義配信システムも充実しており、デュアル配信(対面とオンライン)で対応しています。我々教員も皆さんとお会いして直接コミュニケーションが取れるのをとても嬉しく思っておりますが、各自の状況に合わせて両者を活用していただければと思います。

 これからの日本獣医生命科学大学での学生生活が実り多きものとなるよう、皆さんを最大限にサポートしてまいりますので、ぜひ希望や質問など遠慮なくたくさんお寄せ下さい。まだ予断を許さない状況ではありますが、獣医療の専門家となるため、感染症についての正しい知識を身に着け、正しく怖がり、正しく予防することも学んでいきましょう。