前へ戻る

■ 食品科学科

資格の種類 資格名 内容 備考
受験資格
※国家試験の合格により取得できる資格
国家公務員 採用試験の受験資格、試験内容については種別により異なります。国家公務員として農林水産省や厚生労働省での仕事や、地方公務員として保健所・家畜保健衛生所などでの仕事や畜産行政の仕事などがあります。また、公・市立の動物園などは飼育職としての採用もあります。
地方公務員
受験資格 バイオ技術者 NPO法人日本バイオ技術教育学会がバイオ技術の進歩に対応するためバイオテクノロジー関連の高度な技術者を認定する資格制度です。本学は学会加盟校となっています。 協会認定の資格
取得資格
※卒業と同時に取得できる資格
高等学校教諭
一種免許状(理科・農業)
高等学校で、担当する科目を教えたり、学校行事に関しても指導します 所定の単位
取得者
中学校教諭
一種免許状(理科)
中学校で、担当する科目を教えたり、学校行事に関しても指導します。
任用資格
※卒業後、実務に就くことによって与えられる資格
食品衛生監視員 食品衛生監視員とは、食品衛生法(第30条)、食品衛生法施行令に基づいて行われる、食品衛生に関する監視・指導を行う公務員です。主として、保健所(食品衛生課など)で食品衛生に関係する業務として営業施設の臨検、食品・添加物・器具・帳簿書類などの検査、監視、指導などを行います。
食品衛生管理者 食品衛生法第48条の1、食品衛生法施行令第13条に指定のある食品の製造、加工を行う(食肉製品製造業や食品添加物製造業など)営業者は、施設ごとに食品衛生管理者を置く義務があります。食品衛生管理者はその営業者から任命された専任管理者として、施設での食品の衛生管理を行います。
環境衛生監視員 環境衛生監視員とは、理容師法、墓地埋葬等に関する法律、興行場・公衆浴場法、旅館業法、美容師法、クリーニング法に基づいて行われる監視指導を実施する公務員です。主として保健所の環境衛生課などで環境衛生の監視業務を行います。