卒業生は今(OB/OGメッセージ)

前へ戻る
小林美穂さん

小林美穂さん

食品科学科 2015年3月卒業

勤務先

㈱中村屋 食品事業部 市販食品部
市販食品マーケティング課

■現在の仕事内容

 1901(明治34)年創業、百年以上の歴史を有する株式会社中村屋に入社して2年が経ち、現在は、市販レトルト食品を中心とした企画開発を担当する部署で働いています。仕事内容は多岐にわたり、市場調査、開発担当との試作・試食、パッケージデザイン、社長へのプレゼンテーション他、関連部署との業務をこなしています。特に、他社との差別化を狙った本格品質を作り上げるのが我が社の特徴であり、試作と試食を繰り返す業務では、特段のこだわりを持って取り組んでいます。こうして出来上がったクリームシチューや調理用カリーが、実際に店頭に陳列されたり、お客さまに「おいしい」と言っていただけることに、大きな喜びとやりがいを感じています。

■学生時代学んだこと、思い出

 在学中は学内での講義・実験をはじめ、オーストラリアでの校外実習、食育指導士やバイオ技術者等の資格取得、学祭実行委員、サークル活動、アルバイト、遊び、と無我夢中に取り組み続け、充実した4年間でした。中でも、3年次から所属した食品工学研究室では小竹先生、小林先生のご指導のもと、卒論テーマ「咀嚼による食塊の特性」の実験に没頭し、官能評価、物性特性の測定で研究漬けの毎日でした。これらは現在、食べ物の品質やおいしさを評価する仕事に活かされており、学生時代に専門的かつ実践的な知識や経験を積み重ねることが出来たと実感しています。

■在学生、受験生の方たちにメッセージ

 食品科学科は、「食」について様々な角度から学ぶことが出来、そこから興味のある自分ならではの「食」を見つけ、研究出来る充実した環境があり、サポートしてくださる先生方も大勢います。将来を見据え、学べる環境を大切にし、2度とない4年間を後悔ないよう過ごしてください。

            

関連リンク